その他

未来のために、私たちにできること。スポーツを通して起こす「ONEアクション」

カーリングの本橋麻里さんと、人と地球にやさしいヤシノミシリーズの販売や、ボルネオ島への社会貢献活動などで有名なサラヤ株式会社の共同コミュニティプロジェクト「ONE – カーリング本橋麻里・SARAYAとはじめる、子どもたちの未来プロジェクト-」『ONE』は、二児の母でもある本橋さんの「子どもたちの未来のために、できることを考え、行動を起こしたい」という想いからはじまったコミュニティです。

「子どもたちの未来」をテーマにオンラインミーティングやチャットグループで考え、話し合い、最終的にはコミュニティメンバーと共に未来につながるアクションを行うことを目指しています。

ONEプロジェクトの活動詳細はこちらの記事から

【コミュニティメンバー募集中】ONE - カーリング本橋麻里・SARAYAとはじめる、子どもたちの未来プロジェクト-背景 前代未聞のコロナ禍で、人々のSDGsに関する関心は高まり続けています。 ただ、SDGsに関する記事が増え、イベントも多く開催されるようになりましたが、実際のアクション・継続的な取り組みにつながっている例はどれほどあるのでしょうか。 今回のコミュニティプロジェクトは、社会問題に挑むサラヤと本橋麻里さんの想いが合致したところから立ち上げられました。 二児の母として子育てをしながら、競技者・チーム代表としても活躍する本橋麻里さん。 そんな彼女が子どもたちの未来を想って手に取った洗剤は「ヤシノミ洗剤」でした。...

ONEプロジェクトでは、3ヶ月の活動期間の中で、スポーツを通じた社会貢献活動のあり方や、子どもたちの未来のために何ができるかを考え、話し合ってきました。その中で出た一つの結論が、カーリング大会「赤いサイロ杯」の参加選手の皆さんに、スポーツ大会を通じてできる「ONEアクション」を提案することです。

「ONEアクション」は、少しだけ意識することで、周囲の友人や社会にポジティブな影響を与えることができる行動です。スポーツ×社会貢献にパッションを持つONEプロジェクトメンバーが、それぞれの想いを「ピクトグラム」「ショートムービー」に込めました。

社会問題は、一人一人の小さな意識や行動の積み重ねが起こしてしまっているものが多いです。反対に言えば、一人一人が小さくアクションを変えることで、解決に近づける問題もあります。

「赤いサイロ杯」の日。選手の皆さんはワクワクや緊張感に包まれていると思いますが、ほんの少しの「ONEアクション」意識してみませんか?

是非皆さんもピクトグラムとショートムービーをクリックして、メンバーが伝える「ONEアクション」に関するメッセージを、受け取ってみてください!

ONEプロジェクトは、「赤いサイロ杯」を応援しています。

ジュニアカーリング大会で伝える「ONEアクション」〜本橋麻里・SARAYAとはじめる子どもたちの未来プロジェクトカーリングの本橋麻里さんと、人と地球にやさしいヤシノミシリーズの販売や、ボルネオ島への社会貢献活動などで有名なサラヤ株式会社の共同コミュニティプロジェクト「ONE - カーリング本橋麻里・SARAYAとはじめる、子どもたちの未来プロジェクト-」 『ONE』は、二児の母でもある本橋さんの「子どもたちの未来のために、できることを考え、行動を起こしたい」という想いからはじまったコミュニティです。「子どもたちの未来」をテーマにオンラインミーティングやチャットグループで考え、話し合い、最終的にはコミュニティメンバーと共に未来につながるアクションを行うことを目指しています。...
RELATED POST