その他

【やってみよう!ONEアクション】良いアクションを人に広めよう!

ONE アクション
・良いアクションを周りの人に広めよう
・良いアクションをSNSで広めよう(SNS

「塵も積もれば山となる」という言葉があります。
社会問題、特に環境問題は一人一人の小さな積み重ねがプラスにもマイナスにも積み重なって大きな結果を生んでいきます。

例えば、こんな数字のデータがあります。
人間は、国や地域、ライフスタイルにより大きな差がありますが、平均すると1人1日約186Lの水を使います。その水1Lを節水した場合、約0.98Wh の電力を節約できます。

また、トイレ、洗面所、キッチン、お風呂、洗濯機を正しく使って節水した場合、1 カ月で約14.316L(=浴槽約60 杯分)の水が節水でき、毎日続けると1年で約174,178L 節水ができます。

参考:https://jp.toto.com/greenchallenge/value/q05.htm

「Tシャツ1枚をつくるのに必要な水の量は2720 リットルと言われる※3。1 日の平均飲料水を一人あたり約1.5ℓ とすると約5 年分の水が使われていることになる。というのもまず綿花栽培に多くの水を使う。栽培地にもよるが1 キロの綿をつくるのに1 万から2 万リットルの水が必要になる※4。特に染色は水を多く使う。全生産プロセスで使用する水の85%が染色で使われ、1 キロの繊維を染めるのに100 から150 リットルの水が必要といわれる。2030 年までには需給ギャップが40%以上にもなると予測されている。ファッションに大量の水を使っている場合ではないことは明らかだ。」

参考:https://www.fashionrevolution.org/japan-blog/environmental-effects-of-fashion/


水一つをとってみても、一人の行動でによって多くの水を節約できるかもしれないし、また一つの衣服のチョイスでも多くの水を無駄に消費してしまう可能性もあります。そして、北海道には520万人、日本には1億人、世界には1億人の人がいます。

周りの人も巻き込めたら、社会も地球も変わっていくはずです。

今日をきっかけに、まずは、自分のアクションを変え、そして周りの人にもアクションを伝えてみませんか?家族と話すとき、友達と話すときに伝えてみるのもいいかもしれませんし、SNS で多くの人に向けて発信するのも良いかもしれません。

あなたの隣の人や投稿を見た人が少しでも行動を変えていくことができたなら、“良いアクション”の輪が広がっていくはずです。

 ▶︎ ONEアクション ピクトグラム一覧に戻る

 

「子どもたちの未来ってどうなるんだろう」カーリング本橋麻里の"選択基準"が変わったきっかけ二児の母として子育てをしながら、競技者・チーム代表としても活躍する女子カーリング・本橋麻里さん。彼女が子どもたちの未来を想って使い始めた洗剤は、サラヤ株式会社の「ヤシノミ洗剤」でした。2021年の5月にスタートする本橋さんとサラヤの共同コミュニティプロジェクト。本橋さんとサラヤ株式会社の廣岡さん・秋吉さんの対談の模様をお届けします。...
RELATED POST