特集

僕たちのやり方でパラスポーツを支援する~味の素株式会社~

ブラインドサッカー

トップアスリートのコンディショニングサポート活動を行っている味の素株式会社。食とアミノ酸のプロフェッショナルとして、“選手を支える”その知見を栄養プログラム『勝ち飯®』として一般家庭にも発信しています。

今回は、そんな味の素株式会社が支援するパラスポーツについてのお話です。社員一人ひとりが互いに尊重し、活躍できる会社と社会を目指して、D&Iを推進する同社において、パラスポーツだからこそ感じる課題、そして寄り添い方を味の素株式会社グローバルコミュニケーション部でパラスポーツ選手のサポートを担当をする西川健一さん(以下、西川)にお話を伺いました。

北澤豪さん
【対談・北澤豪×セルバンク】スポーツを活用してお互いを理解し合える社会へこれまで日本サッカー界を長らく牽引してこられた北澤豪さん(以下、北澤)と、日本の再生医療のリーディングカンパニーである株式会社セルバンク...

パラリンピックパートナーへ~東京2020までの歴史~

ーー「味の素株式会社とスポーツ」というと、スタジアムのネーミングライツやオリンピック・パラリンピックパートナー、そして『勝ち飯®』の発信などで多くの方がイメージできるのではないかと思います。そんな味の素株式会社のスポーツ支援はどのような形で始まったのでしょうか?

西川)もともとは、『アミノバイタル®』というアミノ酸サプリメント商品の普及をきっかけに、2003年からJOC(日本オリンピック委員会)のパートナーになりました。2009年からはアミノ酸に加え、調味料、スープや冷凍食品など、食品も活用しながら、オリンピック・パラリンピック競技を中心に幅広くスポーツを応援しています。

一般の生活者には、こうしたトップアスリートへの強化支援の知見を『勝ち飯®』として健康課題解決のために発信をしています。常にアスリートとの対話があることで発展していくプロジェクトです。

ーーパラスポーツとの関わりはどのようなきっかけなのでしょうか?

西川)2013年に東京2020大会の開催が決定し、オリンピック競技だけでなくパラリンピック競技も当然サポートしたいという動きになりました。当初はパラ競技とは関係性が薄かった中で、2015年から少しずつ関係を積み上げています。
現在は、日本パラリンピック委員会スポンサーとなり、個別競技団体でも日本パラ水泳連盟、日本ブラインドサッカー協会、日本車いすバスケットボール連盟とも契約し、サポートさせていただいています。

ーーパラリンピックはリオ2016、東京2020と関わりがありますね。

西川)リオ2016大会からは、オリンピックと同様にパラ日本代表選手をサポートしています。選手個々にサポートする場合もあり、例えばパラ水泳の成田真由美さん(パラリンピックで通算金メダル15個獲得し、「水の女王」と呼ばれるアスリート)には、『勝ち飯®』の考え方をベースにコンディションを崩さず最後まで戦えるよう、調味料やスープなどの当社製品を活用した栄養バランスの良い食事を提案し、実践していただきました。

東京2020では新型コロナウイルスの関係もあり、サポートにとっては厳しい状況でしたが、選手村日本棟内や、練習拠点となる味の素ナショナルトレーニングセンター(以下、NTC)で選手たちのコンディショニング向上の為にアドバイスや製品提供行いました。

選手村東京2020期間中の選手村ブースの様子

パラスポーツとの出会いと特有の悩みとは

ーー味の素株式会社の製品で、具体的にどのようにアスリートをサポートしているのでしょうか?

西川)味の素株式会社といえば『アミノ酸』です。『アミノバイタル®』などで選手のコンディショニングに関わるだけでなく、調味料など“うま味”のアミノ酸も活用しています。世界に挑む選手たちは、緊張や精神的なものから来る食欲不振なども大きな敵になりますので、“うま味”のきいたおだしやスープ類を飲んでいただくことで、食事で栄養補給をする為の食欲のスイッチを入れるようなサポートも行っています。

ーーサポートする中で、パラアスリートの特徴などはあるのでしょうか?

西川)もちろんオリンピック・パラリンピックに関わらずどのアスリートも競技差、個人差があるのですが、印象的なのは車いすバスケットボールの選手です。
ハードなスポーツなので、当時新しく開発された“理想の動きを支えるコンディショニングをサポートする”『アミノバイタル®コネクト』を好む選手が多かったですね。

ーーたしかに、そのスポーツ特有の身体の使い方はありますね。

西川)こうした選手たちの悩みに、一歩引いて構えるのではなく、こちらから懐に入っていくように心掛けています。選手たちと話をしているうちに、自分が勝手に作っていた「こころのバリア」が解けていくことを感じました。

パラすぽラボ
「障がい者はスポーツをするべき」コミュニティを探す新たな手段“パラすぽラボ”とは?文部科学省発表のデータによると、成人の障がい者のうち、過去1年間で1日もスポーツを行っていない方は58.2%いると言われています。スポーツを実施している人も、その多くは1人で、もしくは家族と実施しており、スポーツの持つコミュニティや居場所としての役割を果たしているとは言いがたい状況です。 そんな状況を改善すべく、スポーツイベントの企画・運営やマーケティングなどを行う株式会社AROUNDが開発したのが『パラすぽラボ』。「スポーツを行いたい障がい者」と、「障がい者を受け入れ可能なチーム・団体」を繋ぐプラットフォームがリリースされます。 どのような想いを持って取り組むのか、これから広がる可能性について、株式会社AROUNDの撫養(むや)さん(以下、撫養)にお話を伺いました。...

“近未来スポーツ”ブラインドサッカーにもアミノ酸!

ーーここからは西川さんと日本ブラインドサッカー協会との取り組みについてお聞かせください。

西川)2016年4月から味の素株式会社がサポートしているブラインドサッカーですが、私自身この競技に大きな魅力を感じています。コートの中に4人の視覚障がいの選手と晴眼者のゴールキーパー、相手ゴール裏のガイドがいて、健常者も障がい者も一緒にプレーできる「近未来なスポーツ」です。
ガイドからの『言葉』とボールなどの『音』、コートのまわりにある『壁』を信じて、1つのゴールを目指すスポーツで、現場にいくとその大きな迫力も感じることができます。プレーも私の当初の想像以上に正確に力強いです。

ーー西川さんは練習や試合の現場にも多くいかれているそうですね。

西川)練習場に行くといろいろな気づきを得られます。なかでも、「聞き手の視点に立って話す姿」は学びになります。監督の指示も、わかりやすい言葉で伝えるだけでなく、ピッチを12分割にしてフォーメーションの話をしたり、見えていなくてもわかる工夫をしています。加えて、内容がわかっている選手がそうでない選手に伝えるということもその場で行われるなど、“相手がわかるためのコミュニケーション”が盛んに行われています。

ーー現場に行かないとわからないことですね。味の素株式会社としてのサポートについて教えてください。

西川)他の競技同様、アミノ酸でサポートしています。チームの管理栄養士さんとも話し合いながら、『アミノバイタル®』だけでなくスープ、みそ汁なども活用しながらバランスよく栄養を摂ってコンディションを高く保つように取り組んできました。
何度もお話することで、選手やスタッフの栄養補給の意識も向上し、アミノ酸の重要性を理解していただいた上で補給することができるようになりました。

2022年11月にインドで開催されたアジア・オセアニア選手権でも、『アミノバイタル®』や味の素株式会社製品とともに戦ってくれました。(結果はこちら

ーー世界を戦う選手の意識も上がりそうですね。

西川)キャプテンの川村選手からは、熱いインドで闘うための対策を相談もされる機会もあり、個人の意識も上がってきていると感じています。各選手、運動量や筋疲労の状態によっても栄養補給の適切なタイミング・量が変わってきます。ですので、私からは勉強会などを通して基本的なことを伝え、選手自身が自分のコンディションに興味を持ってもらうような働きかけをしています。

勉強会では、視覚障がいの方々向けにお話するのは私も初めての経験でしたので、事前にどうしようかということは考えましたね。スタッフ向けや流れの確認のためにスライドは使用するのですが、「自分の言葉で相手の視点に立って伝えていくこと」「選手へ積極的に質問し、選手同士で自分ごと化しやすい環境を作ること」を大事にしました。
また、同じ形で味が違うサンプル品には片方にシールを貼るなど、“ちょっとした工夫”が相手とのコミュニケーションでとても大事だと改めて感じましたね。

ーーこうしたことは、視覚障がいの方だけでなく、誰とのコミュニケーションにおいても大事なことですよね。

西川)本当にそう思います。日本ブラインドサッカー協会が行う『スポ育®』という小・中・高校生向けの事業にも協賛しているのですが、“相手の立場になって考える”ことの重要性は、パラアスリートを通して大きな学びになっていると感じます。話しているときに相手の表情が見えないと、どんな気分なのか、誰に向かって話しているのかがわからないときがあったりするので、「明るく丁寧に」「積極的に」「相手の名前を呼んで」話すことって大切なんだなと、改めて気づかされます。

ブラインドサッカーと料理

ーー今後、ブラインドサッカーとの取り組みでチャレンジしたいことは何でしょうか?

西川)練習や試合のときの栄養補給についてはかなり意識が高まっていますが、それ以外の普段の食事などには課題があると思います。例えば、自炊する選手もいる中、少しでも簡単に調理ができる製品を提案し、普段から手軽に調理できるようにしていきたいですね。

アスリートにオススメの商材『スチーミー®』

スチーミー
西川)管理栄養士さんから、「この『スチーミー®』という商品について教えてください!」と聞かれました。簡単にタンパク質が取れるのでアスリートに人気の商品なのですが、視覚障がいであっても、これなら調理できるということでした。こうした商材をどんどん選手たちにも紹介していきたいです!

ーー西川さんにとって、パラスポーツとはどのようなものなのでしょうか?

西川)「あたたかくて、熱いスポーツ」だと思っています。パラリンピックを目指す選手たちは熱く頑張っていますし、現場にいくと皆さんの明るくて優しくて、いきいきとした姿やサポートするスタッフやご家族の様子が見えてきます。味の素株式会社として選手のサポートをすると同時に、一般社会にも繋がるような情報発信など、もっともっとできることを増やしていきたいと思います。

ーーありがとうございました!

フォトギャラリー

ブラインドサッカープロリーグでプレゼンターをする西川さん

味の素

西川)社員もボランティアで参加していただきました。「ちょっといいことしたかったから」という理由で来てくれたことが嬉しかったですね。

パラリンピックzoom応援会

オンライン応援会

西川)東京2020パラリンピックでは、オンラインで社員みんなで観戦しました!大会後はいろいろな選手が味の素社を訪問してくださったり、大会の裏話などの社内SNSは、かなりの「いいね」数で反響も大きかったです!

jiff
「なぜ障がいがあるだけでサッカー環境が違うのか?」~誰でも、いつでも、どこでもを目指して~『サッカーから共生社会の実現を』をメッセージに掲げる日本障がい者サッカー連盟(JIFF)は、7つの競技(アンプティサッカー(切断障がい)、CPサッカー(脳性麻痺)、ソーシャルフットボール(精神障がい)、知的障がい者サッカー/フットサル(知的障がい)、電動車椅子サッカー(重度障がい等)、ブラインドサッカー/ロービジョンフットサル(視覚障がい)、ろう者サッカー/フットサル(聴覚障がい))をまとめる団体として2016年に設立されました。元日本代表の北澤豪さんを会長として精力的に活動し、東京パラリンピックではブラインドサッカー(5人制サッカー)の活躍が話題になりました。...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です