3分解説

サステナビリティとは? その意味と企業の取り組みを解説

サステナビリティとは「持続可能性」を意味します。SDGsが世間に浸透したことによって企業や消費者から注目を集める『サステナビリティ』。ここではサステナビリティの企業の取り組み(CSR)や経営におけるメリットについて解説します。

サステナビリティとは

サステナビリティとは、直訳すると「持続可能性」となります。本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキーワードでしたが、近年企業の社会的責任(CSR)の視点からも、サステナビリティへの取り組みに高い関心が集まっています。サステナビリティへの取り組みというとき、何を持続するのかというと、その対象は社会や環境全般を指します

SDGsと何が違うの?

SDGs」と「サステナビリティ」二つの言葉似ている様で少し違います。「SDGs」は「サステナビリティ」に含まれていると考えると分かりやすいかもしれません。SDGsはあくまでも2030年までの目標であり、サステナビリティな社会を実現するための手段の一つなのです。企業や行政の取り組みは主に「サステナビリティ」が使われることが多いそうです。

【3分解説】3分で分かる“SDGs”最近、「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉が世の中にあふれています。 「環境のことでしょ?」「いや、ジェンダーのこと?」のような認識だともはや恥ずかしい! この記事を読めば「SDGs」のわからないが解消します。 ...

経営におけるメリット

サステナビリティは社会全体に広く浸透しつつあり、企業による環境保護活動や社会貢献活動などに高い注目が集まっています。そのため、企業は自社の利益を追うだけではイメージの向上を図ることが難しくなっています。企業には、社会全体のことを考慮した動きが求められているのです。したがって、現在サステナビリティへの取り組みは、あらゆる企業にとって欠かせないテーマとなっているのです。

アサヒビール×パナソニックの共同開発!おいしくビールを飲みながら、環境への配慮もできる「森のタンブラー」vol.1使い捨てプラスチックの削減とSDGsへの貢献のために、アサヒビールとパナソニックが共同開発した「森のタンブラー」。 使い捨てをプラスチックを減らす取り組みの例として、リユースカップの使用が挙げられます。なかでも「森のタンブラー」は植物繊維を原料とした世界初のエコカップであり、昨年のSC相模原ホームスタジアムでの販売などで現在注目を集めています。 この「森のタンブラー」は、ビールをおいしく味わいながらも環境に配慮することができる、サステイナブルでエコなプロダクトになっています...

企業の取り組み

では、企業はどのようなCSR活動をしているのかその実例を見ていきましょう。

・IKEA
節水や省エネルギーに繋がる製品作りや廃棄物削減への取り組みを掲げ、消費者に対してもサステナブルな暮らしの形を提案しています。
・adidas
海洋プラスチックゴミを利用したスニーカーの販売をしています。
・トヨタ自動車
自動車メーカーという立場から、車が排出するCO2の削減によって環境負荷を軽減するための取り組みを行っています。
・ユニクロ
エシカルファッションとして、リサイクル商品の販売や、サステイナブルファッションの提唱を行なっています。

エシカルファッションとは?ブランドの取り組みも紹介!エシカルファッションとは、「倫理的・道徳的なファッション」という意味です。近年、「SDGs」や「サステイナブル」といった考え方から注目される様になった『エシカルファッション』。ここでは、エシカルファッションの基準や取り組むブランドについて紹介します。...
山本悟社長_Sports for Socialインタビュー
「お客様のスポーツライフをもっと豊かに」ダンロップがスポーツ振興に込める想いとは?<後編>「ダンロップ」ブランドで知られる住友ゴム工業株式会社はなぜ、ゴルフトーナメントの主催・協賛を含めたスポーツ事業を行っているのでしょうか?...