3分解説

【3分解説】パンセクシャルとは?その意味を解説!

『パンセクシャル(パンセクシュアル・Pansexual)』の意味は、「誰かを好きになるとき、相手の性別を気にしない人」のことです。ここでは、パンセクシャルの意味、そしてバイセクシャルとの違い、その特徴や診断方法などを知ることができます。LGBTQという言葉を耳にする機会も増えてきた今、多様に広がるジェンダーやセクシャリティへの理解を深めていきましょう。

【3分解説】SOGIとは?その意味をわかりやすく解説!『SOGI(ソジ)』の意味は、「性的指向と性自認」のことです。厚生労働省が「SOGIハラ」対策の義務を法律に定めたことで、この言葉を耳にする機会も増えたように思います。ここでは、SOGIの意味や背景、「SOGIハラスメント(SOGIハラ)」やアウティングについてわかりやすく解説していきます。...

パンセクシャルとは

『パンセクシャル』の意味として、「誰かを好きになるとき、相手の性別を気にしない人」とお伝えしました。これを分かりやすく言えば「好きになった人が好き」であり、男性・女性としてではなく“人として好き”という感情が多くを占めています。

「パン(pan)」はギリシャ語で「すべて」という意味であるように、すべての人を好きになる可能性があることから「全性愛者」とも呼ばれます。しかしこれは、全人類を恋愛対象として見ている訳ではありません。あくまでもその可能性があるというだけであり、相手の人間性を重視することが多いという意味では、パンセクシャルの恋愛対象はとても狭いと言えるでしょう。

ここで「バイセクシャル」との違いに疑問をもつ人も多いのではないでしょうか。今回はその違いに触れながら、『パンセクシャル』の定義を紐解いていきます。

パンセクシャルを象徴するフラッグパンセクシャルを象徴する旗(フラッグ)

「バイセクシャル」とは何が違う?

バイセクシャル(バイセクシュアル)とは、「男性も女性も好きになる人」のことです。「バイ(bi)」はラテン語で「2」という意味で、男性・女性のどちらも恋愛対象である人を指します。

しかしながら近年は、男性・女性どちらにも属さない「Xジェンダー」や、性自認(こころの性)や性的指向(好きになる性)について模索中である「クエスチョニング」など、男性・女性では表現できないセクシャリティがあります。それらのセクシャリティを含め、「相手がどんなセクシャリティだったとしても好き」なのがパンセクシャルです。
ですので簡単に言うと、誰かを好きになる際に「相手のセクシャリティを意識する」のがバイセクシャルならば、「相手のセクシャリティを意識しない」のがパンセクシャルです。

好きなタイプにおいては、バイセクシャルは「男性なら筋肉質な人、女性ならロングヘアが似合う人」など性別で異なることが多いのに対し、パンセクシャルは「仕事ができて面倒見がいい人」など性別に囚われないことが多い傾向にあります。

日本大百科全書(ニッポニカ)より

男性・女性の二分類にとらわれず、すべてのセクシュアリティの人に対して恋愛感情を寄せ、性的欲求を感じる性的指向をもつ人。パンセクシュアルpansexualあるいはオムニセクシュアルomnisexualとよばれる。恋愛・性愛の対象の性別を考慮しないという点で、恋愛・性愛の対象が異性と同性の両方に向かう両性愛者(バイセクシュアル)と区別される。

どうやって「バイセクシャル」と見分ける?

ここで、少し想像してみて下さい。例えば、とあるシスジェンダー女性(自分自身を「女」と認識し、生まれもった身体も「女」である人)がいて、その人をAさんとします。AさんがXジェンダーの人とお付き合いしている場合、Aさんはパンセクシャルと言えるでしょう。

しかし、この場合はどうでしょうか。Aさんは以前男性とお付き合いしていましたが、今は女性とお付き合いしています。この場合、Aさんはバイセクシャルでしょうか、それともパンセクシャルでしょうか。一見バイセクシャルのように見えますが、Aさん自身は「好きになるのに性別を気にしていない」パンセクシャルかもしれません。

この例で分かるように、この二つの言葉に明確な定義はなく、周りからすると区別がつかない場合がほとんどです。それを決めるのは「本人の考え方」なのです。
ですが、簡単なアンケートやテストで「パンセクシャル診断」を行うサイトが存在するように、本人でもはっきりと分からない場合が多いのです。

「バイセクシャル」と区別する必要性は?

先程、バイセクシャルとの区別が曖昧であり、一見同じように見えることをお話ししました。ここで「じゃあなぜ、わざわざ区別する必要があるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。当事者でない人からすれば、その違いは小さなものかもしれません。当事者であっても、その違いは言語化できない違和感にすぎないかもしれないし、同じパンセクシャルでも違和感の感じ方はバラバラです。
ですので、一概に「二つを区別している理由はこれだ」とは言えませんが、その可能性があるものをご紹介します。

皆さんは「性別二元論」という言葉を知っていますか。

「男・女」どちらかに丸をしなければならない履歴書。
男女で順番が分けられた学校の出席簿。
「女の子なんだから足を閉じなさい」という家庭教育。

人間は「男」と「女」のいずれかに属するという考え方を「性別二元論」と言い、世界には男女で分けられた施設や服装、偏見で溢れています。その考え方の元では、それに属さないXジェンダーや、身体と心の性が一致しないトランスジェンダー、男でありたい時と女でありたい時があるノンバイナリー、それらの人々は人間ではないのでしょうか。

この性別二元論が前提とされる社会の仕組みに、不満を持つ人は少なくありません。そもそも恋愛において相手の性別を気にしないパンセクシャルにとって、「男性でも女性でも、どっちの性別でも好きになれるんだね」と言われてしまうことは、大きな違和感の原因となることがあるのです。

【3分解説】アセクシャルとは?その意味を解説!『アセクシャル(エイセクシュアル・Asexual)』の意味は、「誰かに恋愛感情も性的欲求も抱かない人」のことです。診断テストを受けて自認することも多いとも言われるアセクシャルの意味や特徴、アセクシャルの結婚について解説します。LGBTQという言葉を耳にする機会も増えてきた今、多様に広がるジェンダーやセクシャリティへの理解を深めていきましょう。...
Rebolt対談前編
「生理は“女性”だけのものなのか?」Rebolt × Sports for Social〈前編〉【連載 #女性のコトを考える vol.1】生理は"女性"だけのもの?恥ずかしいものとして隠され、どうしても触れづらい。そんな「生理」について、役/元サッカー選手であり株式会社Rebolt共同代表の下山田志帆さんと内山穂南さん、株式会社HAMONZ代表・山﨑蓮が語り合いました。...

編集部より

今回は、パンセクシャルとバイセクシャルを中心に取り上げましたが、世界にはもっとたくさんのセクシャリティを表現する言葉が存在します。それらは一見、違いがないように感じるかもしれません。しかし、マイノリティ(少数派)とされるLGBTQ当事者にとって「自分以外にも同じような人がいる」という安心はとても大きなものです。

たとえ既存の言葉でカテゴライズできない当事者、あるいは当事者でない人にとっても、たくさんのセクシャリティ表現があるという事実が “多様性を知る” ことにつながるのです。
多様性を知ることが、他者を、そして自分自身を尊重するきっかけとなり、想い合える世界のスタート地点になることを願っています。

グループワークで考えるジェンダーバイアス|SDGs~小さなことからコツコツと~人口の半分は女性なのに、なぜ、女性がマイノリティと言われるのか。
日本では、なぜ、ジェンダー平等が進まないのか。 「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思っていた」との発言、オリンピック関連の女性蔑視と思われる発言をニュースやネットで見聞きし、社員選手を対象としたミーティング(月1回開催)でジェンダー問題をメインで取り扱おうと。...