その他

【見どころ紹介!】Session.17『いじめ撲滅のために、スポーツができること』#SfSサミット

Sports for Social Summit 2021は終了いたしました。

アーカイブでも販売しております!お買い求めはこちらまで。

12月17日(金)~12月19日(日)にかけて行われる、スポーツ×社会貢献のオンラインイベント「Sports for Social Summit2021」。その見どころをセッション毎に紹介していきます!

◆Session.17概要
12月19日(日)14:00~14:45
タイトル『いじめ撲滅のために、スポーツができること』
登壇者:高橋 秀人(横浜FC)、新保 友映(MOVE TEX株式会社/BE A HEROプロジェクト 特任研究員&事務局)
MC:柴原 優美香(NHK奈良放送局)

いじめを科学で解決!?BE A HEROプロジェクト

いじめはなぜ起こるのか?
いじめについての研究は、世界でも多く行われています。「いじめはダメなもの」という認識を多くの人が持ち、研究も進んでいるにもかかわらず、なくなっていないのも事実。
BE A HEROプロジェクトでは、「子どもの発達科学研究所」主席研究員の和久田学先生との学びから、『Help』『Empathy』『Respect』『Open-mind』の頭文字を取り、「HEROになろう!」というプロジェクトを小学校や中学校で行っています。

“科学”でいじめのない世界を~『BE A HERO』プロジェクトいじめはなぜ起こるのか、いじめが起こらない集団の条件とは――。 『BE A HERO』プロジェクトでは、“科学的”なアプローチによって『いじめ撲滅』を目指しています。 “科学”を使っていじめに向き合う『BE A HERO』プロジェクト特任研究員の木村匡宏さん(以下、木村)、特任研究員兼事務局の新保友映さん(以下、新保)の「“科学”でいじめのない世界を創りたい」という想いに迫りました。...

多くがいじめ体験者という事実

いじめは、被害者だけが体験者ではなく、加害者はもちろん傍観者も体験者ということができます。いじめが与える影響は、私たちが考えるよりもずっと深刻であることが数々の研究から明らかになっています。
そんな深刻な影響がある子どものいじめに、大人の経験則を当て込むことは危険です。しっかりとして科学的研究からのアプローチを知り、実践すべきとBE A HEROプロジェクトは訴えています。

今回のみどころ

BE A HEROプロジェクトの特任研究員&事務局である新保友映さんと対談するのは、Jリーガーの高橋秀人さん(横浜FC)。教員免許も持つJリーガーとしても有名な高橋さんが、いじめ問題やBE A HEROプロジェクトの考え方に対して、どんな考えを持つのか?彼自身の経験も交えたお話や、プロのスポーツ界との比較など、多角的な視点からいじめ問題を考えていきます。
教育とスポーツ分野への関心の高い方に注目のセッションです。お楽しみに!

高橋秀人_プレー写真
【対談】ANDROSOPHY×高橋秀人 vol.1~男性育児を当たり前に~横浜FC・高橋秀人選手とベビーブランドANDROSOPHY山田代表の対談。男性の育児が本当の意味で当たり前になる世の中のために。ブランド側の視点と、3児の父であるサッカー選手の視点で対談していきます。...

◆Session.17概要
12月19日(日)14:00~14:45
タイトル『いじめ撲滅のために、スポーツができること』
登壇者:高橋 秀人(横浜FC)、新保 友映(MOVE TEX株式会社/BE A HEROプロジェクト 特任研究員&事務局)
MC:柴原 優美香(NHK奈良放送局)

▶全20セッションの詳細はこちら
https://www.sports-for-social.com/summit/

イベント概要
■ イベント名称 : Sports for Social Summit2021
■ 日程 : 12月17日(金) 、12月18日(土)、12月19日(日)
■ 開催方法 : オンライン開催
■ 主催 : Sports for Social(株式会社HAMONZ)
■ 定員 : 3,000名(先着順)

▶チケットページはこちら
https://peatix.com/event/3083142/view

スポンサー一覧
RELATED POST