3分解説

【3分解説】SOGIとは?その意味をわかりやすく解説!

『SOGI(ソジ)』の意味は、「性的指向と性自認」のことです。厚生労働省が「SOGIハラ」対策の義務を法律に定めたことで、この言葉を耳にする機会も増えてきました。ここでは、SOGIの意味や背景、「SOGIハラスメント(SOGIハラ)」やアウティングについてわかりやすく解説していきます。

「SOGI(ソジ)」とは

『SOGI』の意味は「性的指向と性自認」です。
「Sexual Orientation & Gender Identity」という言葉の頭文字をとった言葉で、SO=「性的指向」、GI=「性自認」を意味します。

「性的指向」「性自認」とは?

「SO」=性的指向とは、好きになる性のことです。どんな相手に恋愛感情を抱くのか、という恋愛対象に関するセクシャリティを表す言葉です。

「GI」=性自認とは、こころの性のことです。身体的性別に関わらず、自らが自認している性のことを指します。

SOGIとは、この「性的指向」と「性自認」がどのような状態であるかを表す言葉なのです。

なぜ「SOGI」という言葉ができたの?

近年では「LGBT」という言葉が広く認知されるようになりました。「L」はレズビアン、「G」はゲイ、「B」はバイセクシャルを意味し、この三つは主に性的指向に関する呼び名だと言えます。しかし、トランスジェンダーを意味する「T」は性自認に関するものであり、「LGBT」という言葉の中では「性的指向」「性自認」という認識がごちゃまぜになってしまうのです。

ここでどのような問題があるかというと、セクシャルマイノリティ(性的少数者)に対する偏見や誤解を招いてしまうことがあるのです。

「ゲイの人はこころが女性であるため、女性用の洋服を着たいと思っている」
「バイセクシャルの人は、こころの性が定まっていない」

上記のような間違った認識は、「性的指向」「性自認」の理解が曖昧なために起きる一例だと言えるでしょう。
こうした偏見や誤解をなくすために、セクシャリティを決める要素を『SOGI』という言葉で表したのです。

「LGBT」と「SOGI」の違いは?

「LGBT」とは、先程もお伝えした通り、セクシャルマイノリティの中でも認知度の高いレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取った言葉で、セクシャルマイノリティの総称でもあります。近年では、L・G・B・T以外の当事者も含むことを示すために「LGBTQ」「LGBTQ+」といった言葉が使われるようになりました。

一方「SOGI」とは、性的指向と性自認を表す言葉であり、そこにセクシャルマイノリティという概念は存在しません。どういうことかと言うと、LGBT当事者もそうでない人も皆同じように「SOGI」があり、両者を少数派と多数派で区別しないという意味です。

例えば、身体もこころも男性で、好きになる性が女性という人は「LGBT」には該当しません。しかし「SOGI」で考えると、それも同性愛者と同じようにただのセクシャリティの一種にすぎないのです。

つまり、「LGBT」がセクシャルマイノリティを表すのに対し、「SOGI」は全ての人のセクシャリティを表すためのものなのです。
「SOGI」はLGBT当事者に対する “少数派” というイメージや枠組みをなくし、より多様性を表現するための言葉として受け入れられているのです。

【3分解説】パンセクシャルとは?その意味を解説!『パンセクシャル(パンセクシュアル・Pansexual)』の意味は、「誰かを好きになるとき、相手の性別を気にしない人」のことです。ここでは、パンセクシャルの意味、そしてバイセクシャルとの違い、その特徴や診断方法などを知ることができます。LGBTQという言葉を耳にする機会も増えてきた今、多様に広がるジェンダーやセクシャリティへの理解を深めていきましょう。...
【3分解説】アセクシャルとは?その意味を解説!『アセクシャル(エイセクシュアル・Asexual)』の意味は、「誰かに恋愛感情も性的欲求も抱かない人」のことです。診断テストを受けて自認することも多いとも言われるアセクシャルの意味や特徴、アセクシャルの結婚について解説します。LGBTQという言葉を耳にする機会も増えてきた今、多様に広がるジェンダーやセクシャリティへの理解を深めていきましょう。...

「SOGIハラスメント」とは?

「SOGIハラスメント(SOGIハラ)」は、性的指向や性自認に関連した嫌がらせや差別を受けることを言います。例えば、LGBT当事者に対する差別的な呼称、望まない性別での生活を強要や、無視・暴力・嘲笑などが該当します。

また、誰かのSOGIについて許可なく第三者に公開する「アウティング」もSOGIハラの一種に含まれます。
例えば、職場の同僚にトランスジェンダーであることをカミングアウトされた人が、「他の人にも配慮してもらえるように」と社内のまわりの人に言いふらした場合、それが本人のためを想っての行動だとしてもアウティングになります。SOGIは住所や電話番号、あるいはそれよりも重大な個人情報であることを忘れてはいけません。

厚生労働省は2019年、各企業や自治体に対してパワーハラスメント防止対策を義務付ける方針を示し、その中の一つに「SOGIハラ」が含まれました。
「SOGIハラ」のポイントとなるのは、全ての人が加害者にも被害者にもなり得るということです。例えば、いわゆる “女性らしい” 言動をした男性が「ホモみたいだな」と言われた場合、LGBT当事者でなくてもSOGIハラの被害者になります。それだけではなく、周りにいたLGBT当事者がその発言を聞いていた場合、その人もSOGIハラの被害者と言えるでしょう。
その他にも、「彼女いないの?」という執拗に問い詰めや、「まだ結婚しないの?」という発言もSOGIハラに該当します。

今回の法制度化は、企業などの組織に義務付けられるものでしたが、私生活においても一人ひとりが意識し、多様性を尊重することが求められています。SOGIハラという言葉を知ることが、自分の言動について見直すきっかけとなるでしょう。

編集部より

今回は「SOGI」について取り上げましたが、それは考え方であり、概念であり、セクシャリティを表す尺度でもあります。ですので「SOGI」とは何か、どういった場面で使うのか、というのは少し想像しにくいことかもしれません。しかし、それらを明確に理解する必要もないのかもしれません。ただ、誰かのセクシャリティを決める際、身体の性、こころの性、好きになる性、表現したい性、色々な性の組み合わせがあって、性はグラデーションのように多様であることは覚えておきたいですね。

Rebolt対談前編
「生理は“女性”だけのものなのか?」Rebolt × Sports for Social〈前編〉【連載 #女性のコトを考える vol.1】生理は"女性"だけのもの?恥ずかしいものとして隠され、どうしても触れづらい。そんな「生理」について、役/元サッカー選手であり株式会社Rebolt共同代表の下山田志帆さんと内山穂南さん、株式会社HAMONZ代表・山﨑蓮が語り合いました。...
Flora株式会社_前編サムネイル
「“あなたはあなたのままでいい”パートナーの産前・産後うつに寄り添う」Flora × Sports for Social〈前編〉【連載 #女性のコトを考える vol.3】 【連載 #女性のコトを考える vol.3】 この連載では「#女性のコトを考える」をテーマに、女性だけではなく、男性が”女性”のこと...