3分解説

【3分解説】ソーシャルグッドとは?その意味を事例とともに解説!

ソーシャルグッド

ソーシャルグッドとは地域コミュニティや地球環境といった社会に良い影響を与える商品や活動、サービスのことを指します。今回は、ソーシャルグッドの具体的な取り組み例やメリットについてわかりやすく解説していきます。

ソーシャルグッドとは?

ソーシャルグッドとは社会に対して良いインパクトを与える活動やサービスの総称のことです。企業や団体のビジネス的な取り組みだけでなく、一般の人がサステナブルな商品の購入やボランティアへの参加なども含まれます。

社会課題の解決に向けた活動のことを「ソーシャルグッドな○○」というような形容詞として使用する場合もあります。

ソーシャルグッド

ソーシャルグッドはなぜ広まっているの?

背景

注目のきっかけは、2015年に採択されたSDGsへの関心の高まりです。採択後は欧米を中心に広まっていき、サステナブルな社会の実現に繋がる活動が「ソーシャルグッドである」として高く評価されるようになりました。

メリット

企業イメージの向上と認知拡大

ソーシャルグッドな活動は企業イメージの向上に繋がります。このような取り組みはトレンドの一つであり、消費者や株主といった人々にアピールすることができます。

社会問題の解決に寄与することができる

環境や人に優しい商品の購入やボランティア参加などは私たちにもできるソーシャルグッドです。こうした活動が広がっていくことが課題解決に繋がっていくのです。

アサヒビール×パナソニックの共同開発!おいしくビールを飲みながら、環境への配慮もできる「森のタンブラー」vol.1使い捨てプラスチックの削減とSDGsへの貢献のために、アサヒビールとパナソニックが共同開発した「森のタンブラー」。 使い捨てをプラスチックを減らす取り組みの例として、リユースカップの使用が挙げられます。なかでも「森のタンブラー」は植物繊維を原料とした世界初のエコカップであり、昨年のSC相模原ホームスタジアムでの販売などで現在注目を集めています。 この「森のタンブラー」は、ビールをおいしく味わいながらも環境に配慮することができる、サステイナブルでエコなプロダクトになっています...

ソーシャルグッドな取り組み事例

ソーシャルグッドは事業と社会課題の解決を共に行う「ビジネス」としての広まりがあります。

無印良品

ソーシャルグッド事業部を立ち上げ、地域の特産品の販売や地域の農業支援ができる商品の開発など地域活性化を目指した活動をしています。

SOCIAL GOOD ROASTERS(ソーシャルグッドロースターズ)

東京都神保町にある、ハンディキャップのあるスタッフが働くカフェのある福祉施設です。経費を除く全利益が従業員の給与として支払われており、スタッフの持続可能な働き方を支援しています。

ソーシャルグッド

私たちにできるソーシャルグッド

ソーシャルグッドな商品や企業のサービスを生活に取り入れる

エシカルファッションを取り入れたり、環境にやさしい洗剤や美容用品の使用は生活をしながら気軽にできるソーシャルグッドな活動です。

環境にも肌にも優しい、クリーンビューティーについて考えるSISIと言うD2Cのスキンケアのブランドを、昨年11月からMakuakeで先行販売をしておりました。今年のの1月8日から公式サイトで販売をしていくような形でコスメのスタートアップをやってます。 SISIと言う言葉が「私を思う」と言う意味なのですが、女性や男性にとっても肌が人の生き方とか考え方とかにすごく影響を与えていると思います。肌を思うことで、自分を想えるような美容の体験を届ける事がブランドメッセージとしてあります。そしてSISIのプロダクトやブランドの設計の部分でもう一つすごく大事にしてるのが「クリーンビューティー」と言う考え方に基づいた製品設計をしていきたいなと思っております。...

ソーシャルグッドな団体や活動に寄付する

動物愛護や環境保護、教育支援など自分の関心が社会問題に対して活動している団体に寄付や参加することは、その取り組みを応援することに繋がります。

ドーレくんと考えよう!絶滅危惧種「シマフクロウ」のことJリーグのクラブマスコットが絶滅危惧種を守っている!?北海道コンサドーレ札幌のマスコット「ドーレくん」は、絶滅危惧種であるシマフクロウをモチーフにしています。今回はドーレくんに、「シマフクロウ」や、森を守る活動についてインタビューしました。...

ビジネスとしても個人としても取り組むことが出来るソーシャルグッド。あなたも生活に取り入れてみませんか?