3分解説

「クラウドファンディング」とは?種類・やり方を簡単解説

『クラウドファンディング』は、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語です。ここでは、WEBサイト上で行われるクラウドファンディングの種類、クラウドファンディングのやり方メリット・デメリットなどを簡単に解説していきます。

クラウドファンディングとは

『クラウドファンディング』は、インターネットを介して自分の活動や夢を発信することで、その“想い”に共感した不特定多数の人々から資金を募る仕組みです。「やりたいことはあるが、資金がない」という人でも資金調達が出来る仕組みとして、近年注目を集めています。また、クラウドファンディングには、『リターン』という支援者への“お返し”があることも特徴です。

クラウドファンディングの種類

『リターン』の有無や内容によって、大きく「寄付型」「購入型」「投資型」の3種類に分かれます。

「寄付型クラウドファンディング」

プロジェクトに対して、支援者がお金を出資するタイプです。『リターン』として商品やサービスが提供されることは基本的にはありません。しかし、プロジェクトによっては、お礼の手紙や活動の報告書を 『リターン』として受け取れる場合があります。支援者は、社会貢献が出来るうえに、寄附金控除の対象となるので税金対策にもなります。

「購入型クラウドファンディング」

商品や体験、権利などの『リターン』を販売するタイプです。金銭的な見返りが『リターン』となることはありません。また、購入型クラウドファウンディングには、「All or Nothing型」「All In型」の2種類のやり方があります。

「All or Nothing型」:期間内に目標金額を達成した場合のみ成立

「All In型」:目標金額が達成しない場合でも支援者が一人でもいれば成立

起案者はどちらで資金調達を行うかを選ぶことが出来ます。

「投資型クラウドファンディング」

出資の見返りに現金や株式の分配が『リターン』となるタイプです。企業に融資するタイプは、『ソーシャルレンディング』とも呼ばれます。金銭的リターンが得られるのが特徴です。

クラウドファンディングのやり方

ここまで、クラウドファンディングの種類について解説をしてきました。ここからは、クラウドファンディングを実際にやるための手順について解説していきます。

(1)プロジェクトの目標を設定
明確な目的、目標があるプロジェクトでなければ、成功する見込みが少ないと判断され、審査を通過できない場合があります。そのため、プロジェクトの明確な内容や目標、資金の使途などを細かく設定することが重要です。

(2)クラウドファンディングサイトの決定
クラウドファンディングを実施しているプラットフォームを選択します。『金融型』『購入型』『寄付型』の様々なクラウドファンディングを募集することが出来る代表的なプラットフォームとしては、「Readyfor(レディーフォー)」「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」の2つがあります。

(3)プロジェクトを登録・投稿
利用するクラウドファンディングサイトに氏名や事業内容などの必要情報を登録してプロジェクトを投稿します。その際に、自身のプロジェクトに対する“想い”をしっかりと書き込むことが重要です。

(4)プロジェクトの審査・開始
登録した内容はクラウドファンディング業者の審査を受けます。この際に重要なのは、「プロジェクトに虚偽がないか」や「実現可能か?」ということです。無事、審査を通過するといよいよプロジェクトがスタートします。内容が公開されたら、SNSなどを使って積極的に発信していきます。

(5)プロジェクトの終了・支援者へのお礼
プロジェクトが終了すると、運営会社の手数料を引いた分の金額が口座に入金されます。ただし、目標金額に期間内に達成できなかった場合は、支援金が支援者に払い戻されます。『リターン』がある場合は、『リターン』を支援者に贈ります。

メリットとデメリット

クラウドファンディングのメリットとデメリットを簡単にまとめます。

メリット

✓実績が無くても“想い”に共感が集まれば、資金調達が可能
✓融資やローンと違い返済のリスクが少ない
✓支援者にとっては、税金対策になる場合がある

デメリット

✓目標金額を調達できるか分からない
✓支援者に対するリターンや返金などの対応が必要
✓利用手数料がかかる

編集部より

現在、『クラウドファンディング』により多数のプロジェクトが成功しています。「社会貢献活動などやりたいことはあるが、資金が、、、」と断念してきたという経験がある人は多いと思います。今回の記事を参考に新時代の資金調達法『クラウドファンディング』に挑戦してみてはどうでしょうか?

コロナ禍だからこその「新たな価値」を~北海道日本ハムファイターズ~北海道日本ハムファイターズの企業理念は「Sports Community」。ファイターズが存在する意味を見つめ直し、人と人の心が繋がるコ...