3分解説

【3分解説】3分で分かる”国際生物多様性の日”

国際生物多様性の日

5月22日は”国際生物多様性の日”です。

「生物多様性」と聞いてどんなイメージをされますか?
動物や植物、多様な生物が存在するこの世界。この日をきっかけに「生物多様性」とはなにか?ということや「生物多様性」に関して起こっている問題について知っていきましょう。

5月22日は国際生物多様性の日


生物の多様性が失われつつあること、また、それにまつわる諸問題に対する人々の認知を広めるために国連が制定した記念日が”国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)”です。

生物多様性とは?

「生物多様性(Biological Diversity)」は、簡単に言うと、地球上の生物にはバラエティ豊富な種類がいる、ということです。環境省によると、地球上には知られているだけで約175万種の生き物がいて、未発見の種を含めると3000万種を超すそうです。

「生物」は動物だけではありません。植物や菌類など、以下の条件を満たすのものは生物なんです。

(1) 外界と膜で仕切られている。
(2) 代謝(物質やエネルギーの流れ)を行う。
(3) 自分の複製を作る。

ですが、近年の人口増加や人間による開発の進行により、生物絶滅のスピードはどんどん加速しています。2019年には国連主催会合が「人類のせいで動植物100万種が絶滅危機に陥っている」と警告したほどです。

森林伐採によって熱帯雨林が減り、生物のすみかがなくなっていることは何となくイメージできる方も多いかもしれませんが、実は生物多様性を奪うのは、森林伐採だけではないんです。

Sports for Socialで「生物多様性」について考えてみよう

Sports for Socialでは、いろいろな視点から生物多様性について考えられる記事を投稿しています。森林伐採だけではない”生物多様性を脅かす原因”について知ってみませんか?

私たち個人が行っていることが、生物多様性に影響を与えてしまうこともあるんです…。

■ドーレくんと考えよう!絶滅危惧種「シマフクロウ」のこと

北海道コンサドーレ札幌のマスコットキャラクターは、北海道に生息する絶滅危惧種「シマフクロウ」をモチーフにしています。シマフクロウのことや、クラブがドーレくんと一緒に行ってきた活動について、ドーレくんから教えてもらいました。

■ボルネオゾウの救出プロジェクト|サラヤ×Sports for Social-vol7- [PR]

洗浄剤・消毒剤などの衛生用品を中心に製造するサラヤ株式会社は、ヤシノミ洗剤の原料のひとつであるパーム油の生産地、ボルネオの自然と動物たちを保護する活動を行っています。絶滅する動物を減らすために。私に、あなたに、できることは?少しだけ「知る」ことが、社会を変える第一歩になるかもしれません。

■プラスチックの海|SDGs~小さなことからコツコツと~

ジェイリースFCでは、プラスチックゴミを減らす活動をしています。プラスチックゴミと生物多様性に何の関係があるんだろう?と思った方。ぜひこの記事を読んでみてください。

知る、そして、少しだけ変わってみよう

いかがでしたか?生物多様性を守れる活動はいろいろあります。私たち一人ひとりにも、できることがあると知っていただけたらとても嬉しいです。

そして、少しでも生活の中で「生物多様性」を意識することが、多様な生き物がすむ環境を守ることにつながるかもしれません。