特集

「働く人が楽しみながら漢方で健康になるように」〜岸和田薬局の想い〜

みなさん、漢方の良さって説明できますか?
「体を良くするものかな?」
そんな漠然としたイメ―ジの方も多いのではないでしょうか。

大阪府にある岸和田薬局では、漢方や生薬を専門的に扱っています。
楽しみながら身体を自然な状態に戻し、整えていく。
代表を務める炭谷英司さんに漢方の良さや健康への想い、岸和田薬局のサービスについて伺いました。

漢方とは?

薬剤師として病院や調剤薬局で働いていた炭谷さん。
知り合いが経営していた岸和田薬局を受け継ぎ、漢方や生薬を専門とした処方を行うようになります。初めは漢方について詳しくなかったものの、お客様の言葉やご自身の経験からだんだん漢方の世界に魅了されていきます。

ー初めに、西洋医学と漢方の違いについて教えてください。

炭谷)西洋医学と漢方の違いは、一言で言うと西洋医学は「ひとつの症状そのものに効く」、漢方は「身体全体のバランスを整える効果がある」ということです。

西洋医学は、血圧が上がったときにすぐ抑える即効性があるなど、良いところもたくさんあります。ただ、西洋医学は根本を治すものではなく、鍋から泡が出てきたら蓋をして溢れるのを防ぐ、もっと泡が出てきたらさらに蓋の数を増やして抑えるようなものです。なので、薬を飲むのを止めたら症状が出てきてしまいます。

漢方とは何が違うのかと言ったら「身体のバランスを整える」「元の状態に戻す」という特徴があります。体の中で足りないものを増やせるし、多かったら減らせる。またベースが少なすぎたのなら、そのベースごと上げられるのが漢方です。アプローチの仕方が西洋医学とは全く違います。

漢方はなかなか効かないんでしょ?と言われることもありますが、風邪の治療に使われるような即効性があるものもあります。漢方は、ゆっくり元の状態に戻し、整えていくように治します。ですので、すぐには効き目が分からないということが多いのですが徐々に身体のバランスが整っていきます。

岸和田薬局_炭谷英司

ー初めは漢方に詳しくなかったということですが、漢方にのめり込むきっかけは何でしたか?

炭谷)買いに来られるお客様が結構いらっしゃって、「これがないとあかんねん」というようなお話を聞いていたらだんだん興味が湧いてきて、もっと詳しく勉強するようになりました。自分でも飲んだり味見したり、お客様や使用経験のある方から逆に教えてもらったりしていましたね。

長年飲んでいる人は病気もあまりしないという話を聞くと、もちろん薬となる成分が入っているので効くのは当然なんですが、やはり自然のものは西洋医学の薬とは違って良いところを伸ばして副作用とか副反応というものを抑えてくれているんですよね。

ー飲み続けていると体質も変わってくるということでしょうか?

炭谷)一番私がびっくりしたのが、胆石とか尿結石だった人が生薬を飲んでから石ができたことがないと聞いたことです。その他にも、もちろん全員に同じ薬で効く訳ではないのですが薬を飲まずに糖尿病の症状の進行が抑えられたという事例があったことです。

実際に漢方を始められたお客様の声を伺ったり、症状の改善を目の当たりにしているとますます面白いと思うようになり、一層勉強にはげみました。どんどんのめり込みましたね。

岸和田薬局_Sports for Socialー何年くらい岸和田薬局さんで働かれているんですか?

炭谷)9年くらいですが、しっかり勉強したのはまだ5、6年ぐらいです。それまでは、漢方って売れ行きが良いけれど何がそんなに良いのかまだ分かっていなかったんです。ですが漢方の良さを知り、今は調剤もしながらですが、身体のメンテナンスができる漢方や生薬もメインで取り扱っています。

ー炭谷さんご自身も漢方を飲んでいらっしゃるのですか?

炭谷)私自身もアトピーで漢方を飲んでいます。以前はステロイドを塗っていたのですがそれはもう一切止めました。完治した訳ではなく、症状は今でも出ますが、これは一生治らないものなので仕方がないのです。漢方のおかげで普段は症状が抑えられているので、もしアトピーの症状が出たらそれはお酒の飲み過ぎや食べ過ぎ、疲れているといった自分の体調のバロメーターなのだと考えるようにしています。

ー公式サイトにある「薬剤師本人の経験を元にした相談」というのは炭谷さん自身のご経験だったんですね。

【アトピー性皮膚炎の相談】
岸和田薬局では、アトピー性皮膚炎について炭谷さんご自身の経験を元にした相談を受け付けています。

スポーツと漢方

ー漢方は、スポーツをする方にとっても良い面があるのでしょうか?

炭谷)例えば、ステロイドはスポーツ選手にとってはドーピングの観点で使えません。喘息やアトピー、免疫の病気を持っていてこの薬が使えないという時に漢方で対処できることもあります。また、疲労回復に関して高麗人参はよく耳にしますよね。高麗人参は疲れに効くのでスポーツをしている方にも良いと思います。

あとは痛みや痺れがある時、怪我をした時に、血流を良くしてそこに栄養を与えて早く回復させるという酸素カプセルと似たような効果のある漢方もあります。早く回復させるという点ではとても役に立ちます。

ー実際にスポーツ選手に漢方を処方することもありますか?

炭谷)まだあまりないので、そういったことも出来たら良いですね!

ーいろいろな効能やメリットがあるので、良いと思います!

炭谷)元プロ野球選手の方と話したことがあるのですが、怪我をした時やパフォーマンスへの不安で睡眠薬を飲まなくてはいけない状態になったことがあるそうです。そういったストレスを和らげることも漢方にはできます。

睡眠薬を飲んで寝るということも大事ではありますが、睡眠薬は体をシャットダウンするようなイメージなので、漢方で身体を寝られる状態に整えていく方が良いですね。

ー整えるというのはとても良いことに感じられます。その方が長くいい状態が続けられますね。

健康寿命70歳、平均寿命との差

日本人や働いてる人の健康事情に関して、炭谷さんから見てどのように感じられていますか?

炭谷)日本の平均寿命は、女性が87歳、男性が81歳くらいなのですが、健康寿命はそれぞれ70歳くらいなんです。

健康寿命はWHOが定めた基準で、病気を持っていたとしても、歩けて、ある程度食べられるという、ある程度自分ひとりで生活できるレベルのことです。本当に健康な人からしたら、その状態は健康といえるのか?という状態でも「健康寿命」に入ることもあります。70歳から85歳までの間にも、認知症になったり、癌になったり、あまり幸せではない状態の方も増えていくので、これは本当に大変なことです。

なぜ健康寿命と平均寿命が約15年もの差があるのか、ということを考えると、働いている時に健康を意識できていないのだと思います。働いている時は気を張っているし、若いので無理が効く。60歳ぐらいでしんどいなあと思い始めて、やっと本格的に健康診断の結果と向き合う人が多いですよね。その状態では元気に老後を楽しめるわけないですよね。

ーきっと楽しくないですね。

炭谷)でもそれが今の日本の現状で、せっかく頑張って頑張って仕事をしてきても、退職後に待っているのは病院通いです。それで人生を終えるのはあまりに寂しいし、周りの人も楽しくないですよね。

漢方と、生活面というものがやはりとても大切で、そういったことを企業を通して生活者に伝えていきたい。家事をしながらの、ながら運動するだけでも良いんです。例えば、洗濯物を干すのにもしっかりしゃがんで立つということを意識すればそれはスクワットになりますよね。

そうした生活の工夫以外で、体の補助をできるのが漢方や生薬のお茶なのです。日々を少しづつ変えていけるのが漢方の良さです。

ー無理をしすぎず、日常に寄り添って改善していけるのが良いですね。

岸和田薬局_ルイボスティー

働く人の健康をサポートしたい

ー企業に訪問する「訪問健康サポート」はどのようなサービスなのでしょうか?

炭谷)処方箋の薬を持っていくことの他にも、普段の生活のワンポイントアドバイスや、「不定愁訴」という具合は悪いけど病院に行っても原因がわからないという状態を漢方で改善できるようにサポートします。

肩こりで病院に行ったら痛み止めや湿布が処方されると思うのですがそれでは根本的には治りません。それで良くなればいいのですが、完治はせず、その状態で仕事をしていても仕事効率は下がりますよね。疲れなどもあると思いますが、漢方を取り入れてもらって健康促進ができれば仕事効率は絶対上がるだろうと思いますし、もっとみなさんが明るくなると思います。

私はその一助になれたら嬉しいなと思っています。

ーこのサポートを始めたきっかけは何なのでしょうか?

炭谷)自分自身、将来寝たきりになるのはもったいないと思ったんですよね。

また、日本の会社は50人以上社員がいる企業は産業医がいるんですよね。でも、50人未満の中小企業が8割9割なんですよ。ということは、働いている人のほとんどは産業医のいない会社で働いていることになりますよね。健康診断をして終わりという方が多いと思いますが、自分自身の健康をもっと大切にしてほしいと思います。

将来も元気に笑って暮らせるというのはとても楽しいことですし、薬局に来られる方々が、病気を抱える前に予防として来てくださることが一番大事なのかなと思って。強みである漢方やサプリメントで何か出来る事を考えた時に、企業へサポートすることで多くの人の病気の予防につながると思いました。

ー働いてるとどうしても時間が取れず、健康がおざなりになってしまいがちなので、福利厚生の一環としてサービスが受けられるようになったらとても素敵だなと思います。

岸和田薬局_健康訪問サービス

漢方を飲むことで、暴飲暴食も許せる

ー「すべての人に健康と福祉を」というSDGsの項目を炭谷さんは大切にされていますが、その想いを伺ってもよろしいですか?

炭谷)漢方を買ってくださる方だけでなく、広く健康について何かを学ぶという意識を伝えていける人でありたいなと思っています。そう考えたら「すべての人に健康と福祉を」というのは辻褄が合っているかなと。全世界が掲げている目標に何か少しでも役立っていける薬局でありたいなと思います。

ー私はときどき暴飲暴食をしてしまうのですが、漢方はそんな私の身体もサポートしてくれるのでしょうか?

炭谷)私自身も漢方を飲んでいます。運動や筋トレもしていますが、何のためにしてるかと言ったら暴飲暴食するため、許せるためにしています(笑)。アトピーなのでお酒を飲んだら真っ赤になり痒くなるんですけど、それでも好きなのでこれはやめられないなと。
止めろと言われるのですが、それだと楽しくないじゃないですか。許せる日を作ることが大切で、ご褒美があるから頑張れたりしますよね。それを禁止されると逆にストレスが溜まってしまうと思います。ずっと節制し続けるとどこかで爆発する。それは良くないと思うので。締めるところは締めるけど緩めることも大切です。

漢方を飲むことで楽しみながら健康になってほしいなと願っています。

ーありがとうございました!ぜひ、読者の方にも漢方を試していただけると嬉しいですね!

岸和田薬局
Instagram
炭谷英司さんのInstagram

RELATED POST