私たちの想い

12月は寄付月間|SDGs~小さなことからコツコツと~

【編集担当からのメッセージ】
献血・・・おそらく2~3回はしたことがある気がします。なぜしたのか、何を思っていたのかは全く覚えていませんが、、、、

「寄付月間」初めて知りました。
竹本さんの記事を読ませていただきながらふと思いだしたのは、今から35年ほど前アメリカに駐在した頃のことです。空港で修道姿で寄付箱を抱えた女性がいたるところにいたこと、自宅に様々なチャリティー活動している方が、資料を持って訪れてきたこと。

当時は、何か胡散臭い感じでほとんど無視していました。(その団体がどのようなことをしているかを知ろうとすることすらありませんでした。もしかすると、本当に???の団体だったのかもしれませんが、とにかくアメリカには「寄付の文化」があるのだと感じたことを覚えています。)

今は、時代が変わって各団体がどのような活動をしているかもオープンになっています。
献血は昔からある、ある意味での「寄付行為」のようにも感じました。
ちょっと意識を変えて、献血車輌見つけたら迷わず飛び込んでみようと思います!!

12月は寄付月間|SDGs~小さなことからコツコツと~

ジェイリース_社会貢献活動
12月は寄付月間。
ふとしたきっかけで寄付月間2020のサイトにたどり着きました。
皆さんは2020年、どのような寄付をしましたか。
今年、あなたが誰かのためにしたこと。それは寄付だったかもしれません。

https://giving12.jp/

#私の寄付2020 大募集 を見つけた私は、ジェイリースFCのTwitterとFacebookページに2020年におこなった寄付について掲載していくことに。

いままでの掲載内容をいくつか紹介すると、
・JIFF(日本障がい者サッカー連盟)、ハンガーゼロ(世界食料デー)への寄付
・フードバンクおおいたへの食品の寄贈
・おにぎりアクション、deleteC、ゼロハンガーチャレンジへの参加
・7footballチャリティTシャツ、じゃんけんマンマスク、オレンジリボングッズの購入
・東日本大震災復興支援映画MARCH上映会開催(参加料は全額、福島の子どもたちへ)

https://twitter.com/givingdecember/status/1338772761548754945

昔と違って、いまは、寄付の形もさまざま。
・たまったポイントを寄付できる。
・商品(寄付付き)を購入することが寄付につながる。
・SNSを活用したチャリティキャンペーンに参加するだけで寄付につながる。
寄付がより身近なものとなり、手軽にできるようになった、そんな気がしています。

ちなみに私はTポイントがたまると、特定非営利活動法人love.fútbol Japanさんに寄付しています。
サッカーをしたくてもできない子どもたちにグラウンドを
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5173001/

寄付は欲しい未来への自分の意志。
皆さんも、たまったポイントを自分が望む未来に投資しませんか。
寄付ということばがマッチするかどうかよくわかりませんが、先日、献血70回を達成しました!!
https://sports-for-social.com/?p=1782

実は、記事公開後、この記事を読んだ教え子から連絡がありました。
その一部を抜粋して、皆さんに紹介させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お久しぶりです!お元気ですか?
献血の記事、読ませていただきました!
実は昨年の12月に白血病を発症し、献血の重要性を実感しました。
まだ近しい人しか知らないのですが、化学療法で治療を行い、4月に退院できましたが、その間は輸血にかなり頼っていたので、コロナ禍で輸血する血液が足りないこと。すごく心配です。

僕は過去、献血をしたことがなくて。
いままで仕事場に献血バスが来てくれていたにもかかわらず、結局しないまま。
病気が発症し、やっと重要性を知る。情けないってずっと思っています。

高齢の方は抗がん剤を打ちたくても身体の負担が大きく、65歳以上の方は一般的には化学療法はできないそうです。同じ病棟にいた方は輸血が頼りだとも言っていました。
ふとFBを見たとき、お世話になりっぱなしだった竹本先生が記事を書いているのを見て、たまらなく嬉しく思いました。

僕もこれから再発と戦います!まぁ負けませんけど 笑
献血の重要性は誰よりも分かります!
もし選手の方と献血の話をすることがあればこの重要性をお伝えください!

残念ながら僕は、もう献血ができません。
肝臓がんや白血病等の病症者は献血ができません。
みんなが、ただの血と思わず、身体の中にある特効薬を分けるよって感じで献血に行ってくれるよう願っています。僕は、いまならめちゃくちゃ血を分けたいです。でもできない。本当に価値観が変わりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、またもや地元紙に新型コロナウイルス感染拡大の影響で、県内の献血者が減っているとの記事が。皆さんも献血に行ってみませんか。

私は、週末、成分献血に行ってきます!ジェイリース_社会貢献活動

ジェイリース株式会社 竹本雅美

12月は寄付月間|SDGs~小さなことからコツコツと~大分県でソーシャルクラブを目指して活動するジェイリースFC。12月は寄付月間ということで、2020年に行った寄付を振り返ります。今ではいろいろな寄付の形があります。...