その他

【見どころ紹介!】Session.15『スポーツの世界から女性のコトを考える』#SfSサミット

12月17日(金)~12月19日(日)にかけて行われる、スポーツ×社会貢献のオンラインイベント「Sports for Social Summit2021」。その見どころをセッション毎に紹介していきます!

◆Session.15概要
12月9日(日)12:00~12:45
タイトル『スポーツの世界から女性のコトを考える』
登壇者:大多和 亮介(大和シルフィード株式会社 代表取締役社長)、内山 穂南(元女性サッカー選手)、山﨑 蓮(株式会社HAMONZ 代表取締役CEO)

女性のコトを考える

Sports for Socialでも連載をしている「女性のコトを考える」シリーズ。
女性が生きやすい環境・世界をつくるためには、女性だけではなく、男性が“女性”のことを、知る・理解することが必要です。これまで、メディアの連載では、フェムテック領域や女性向けサービスを展開する企業様、スポーツ団体の方との対談を行ってきました。

本セッションでは、元女子サッカー選手・内山 穂南さんとなでしこリーグに所属する大和シルフィードの代表・大多和 亮介さんと共にスポーツの切り口から女性のコト考えるをテーマに進めていきます。

※以前、内山さんと代表・山﨑蓮は「生理」をテーマに対談もしています。

Rebolt対談前編
「生理は“女性”だけのものなのか?」Rebolt × Sports for Social〈前編〉【連載 #女性のコトを考える vol.1】生理は"女性"だけのもの?恥ずかしいものとして隠され、どうしても触れづらい。そんな「生理」について、役/元サッカー選手であり株式会社Rebolt共同代表の下山田志帆さんと内山穂南さん、株式会社HAMONZ代表・山﨑蓮が語り合いました。...

働く女性のヘルスケア問題

企業における女性従業員の健康課題は、大きな社会問題の一つです。
一方で、間違ったアプローチをしてしまうと、女性の負荷を与えてしまうことにも繋がります。

なでしこリーグに所属する大和シルフィードでは、女性アスリートの健康推進の取り組みで得た知見を他の企業に提供しています。それを元に、企業が様々な制度に還元し、結果として健康経営を加速させ、労働損失を防いでいくことのお手伝いをしています。

1970年代から女子サッカーチームを運営し、女性アスリートのヘルスケア分野に向き合い、取り組んできた大和シルフィードだからこそできる社会課題解決のアプローチになっています。

大多和さんには、具体的な取り組み事例やその先に見据えるビジョンについてお話を伺っていきます。

サムネイル
サッカーを通じた女性活躍、SDGsの加速を~大和シルフィードの取り組み~「女の子でもサッカーを楽しみたい。」そんなシンプルな想いで1970年代後半から活動を開始し、1998年には大和シルフィードとしてクラブ化、現在まで続く女子サッカークラブである『大和シルフィード』。その活動は、なでしこリーグ1部での競技にとどまらず、育成年代の活動から、SDGsを意識した社会との連携の活動にまで及んでいます。神奈川県の事業にも参画する大和シルフィードの取り組みには、どんな想いが存在するのか。代表を務める大多和さん、スタッフの橋本さんにお話を伺いました。...

アスリート発の吸収型ボクサーパンツ『OPT』

もうひとりの登壇者、内山さんはサッカー選手引退後は起業をし、吸収型ボクサーパンツ『OPT』の開発をしています。

『OPT』は、生理用品の機能面による苦痛・心理的な違和感と向き合い続けてきたアスリートの声を元に作られました。従来の女性専用プロダクトの枠を越え、”アタリマエ”と我慢し続けた悩みを取り除く。新しい生理の選択肢を追求しています。

「スポーツ界と他業界を行き来している今、スポーツ界で起きているジェンダー問題と社会で起きているジェンダー問題は、現象が違うだけで根本的にはリンクしている」

そう話す、内山さん(と共同創業者の下山田志帆さん)は、生理の問題解決に留まらず、スポーツ界、そして社会のジェンダー問題の解決に向けた熱い想いを持っています。

センシティブで答えのないテーマだからこそ

女性の身体・心のコトはセンシティブで答えのないテーマとして時が流れてきました。
大切なことは答えを探すことではなく、向き合うこと、知ることではないでしょうか。

このセッションでは、今女性にどんな問題が起きているのか?その問題にスポーツに関わる人・チームがどんな想いで取り組んでいるのか?それは社会とどのように連携されていくのか?

そんなことを中心にセッションを進めていきます。

◆Session.15概要
12月9日(日)12:00~12:45
タイトル『スポーツの世界から女性のコトを考える』
登壇者:大多和 亮介(大和シルフィード株式会社 代表取締役社長)、内山 穂南(元女性サッカー選手)、山﨑 蓮(株式会社HAMONZ 代表取締役CEO)

▶全20セッションの詳細はこちら
https://www.sports-for-social.com/summit/

イベント概要
■ イベント名称 : Sports for Social Summit2021
■ 日程 : 12月17日(金) 、12月18日(土)、12月19日(日)
■ 開催方法 : オンライン開催
■ 主催 : Sports for Social(株式会社HAMONZ)
■ 定員 : 3,000名(先着順)

▶チケットページはこちら
https://peatix.com/event/3083142/view

▶#女性のコトを考えるセッションスポンサー mederi株式会社

mederi スポンサー一覧
RELATED POST