スポーツ

ストップ!児童労働キャンペーン|SDGs~小さなことからコツコツと~

6月12日は児童労働反対世界デー。
前回の記事(フェアトレード)でも触れた「ストップ!児童労働キャンペーン」。
2021年度は、6月1日からキャンペーン期間です。

昨年度に引き続き、今回も、「おうちで、ストップ!児童労働」。
ジェイリースFCは、今年度も、選手に声をかけレッドカードアクションに参加しています^^
ちなみに、Facebookのプロフィール写真を「ストップ!児童労働2021」のフレームに変更するといったアクションもあります。
ストップ!児童労働キャンペーン2021

さて、今回のキャンペーンは、昨年、一昨年と違い、公式サイトに「私のアクションの誓い」を記入したレッドカードが準備されています。
選手には、事前に「私のアクションの誓い」を考えてもらって(選んでもらって)、写真撮影。
アクションの誓いを直接記入できるカードもあります。

キャンペーンが始まったばかりなので、撮影済みの選手はまだまだ少ない状況 汗
早く取り組んでくれた選手の中から3名の「私のアクションの誓い」を紹介します。
続きはジェイリースFCのSNSからご覧ください!

<私のアクションの誓い>
〇永芳卓磨 監督兼選手編
国際基準を満たしているフェアトレード商品を購入する。商品を購入するときは、「誰が、どこで、どうやって作った商品なのか」をいつも気にしてみる。「現状を正しく学び、それを広める!!」

〇木島悠 副主将編
ベビー服ブランド「Haruulala」で出産祝いを贈る

子どもたちが努力次第で夢を叶えられる社会を。
バングラディシュの児童労働問題に挑むベビー服「Sunday Morning Factory」

https://ideasforgood.jp/2020/06/20/sunday-morning-factory/

〇古賀嵐士 選手編
“テイルズ・バイ・ライト: 光の紡ぐ物語”を観て「児童労働」について学び、現状を知ることから始める

2021年は、国連が定めた「児童労働撤廃国際年」です。
皆さんも、キャンペーン期間中、You tubeで児童労働に関する動画を見たり、動画サービス等で映画を観たり、児童労働について知り、アクションを起こしませんか。
児童労働撤廃国際年特設サイト

カイラシュ・サティヤルティ氏ドキュメンタリー映画 “The Price of Free

「人と地球に優しいチョコ探し」に初めて奔走した27年目のバレンタイン、私の記録

SDGsの勉強会は一旦、終了しましたが、社員メンバーには定期的に面白そうな記事を共有したり、選手にも見て欲しい、読んで欲しい記事はTwitterでいいねやリツイートをしたりしています。
選手にとっては、あまりピンとこないネタや興味がないからといった放置ネタがあるかもしれません。
(何せ活字が苦手な選手が多い 汗)
しかし、食わず嫌いをおこさず、いろんな記事を見たり、読んだりすることで、いままで見えていなかったことが見えるようになったり、気づいていなかったことに気づけたりします。
いまはよくわからないことでも、いつか、点と点がつながって、線になるのです。

いつだって本当に大切なことはあとから気づくもの。

勉強会以降の選手の変化。
最近、選手からもLINEで「こんなニュースを見ました」「こんな取組があります」といったSDGsネタが届くようになりました!
選手とこんなやりとりをしているクラブがジェイリースFCです 笑

ジェイリースFC 竹本雅美