【vol.9】SDGs~小さなことからコツコツと~|ハチドリのひとしずく

編集担当からのメッセージ

社会貢献・SDGs活動って大上段に構えると、「自分ではできない」「自分一人が頑張っても何も変わらない」という気持ちになりがちです。でも、本当は違うんです。一人一人にできることがある。
どんな小さなことでも継続していくと、それが必ず大きな塊やうねり人ある時がある。
想像もしなかった、繋がりや新たな輪が生まれてくる。ジェイリース様(竹本さん)の取り組みは、そのいい事例だと感じます。彼らの取り組みについて関心を持った、遠方の高校の先生からお問い合わせがあったそうです。
(きっと、このサイトを読んでくれたのではないかと思っています。)
もしかすると、このサイトでのつながりがきっかけとなって新しいチャレンジが始まるかもしれません。
その際には、ぜひともここでご紹介・寄稿して頂ければ嬉しく思います。

ハチドリのしずく|SDGs~小さなことからコツコツと~ 

皆さんは、日常生活の中で、地球環境のことを考えて行動をしていますか?
私の日常生活をざっと振り返ってみると…
電気、水、紙のムダづかい、まだまだできることはたくさんあります 汗
いまは、無理なく継続できる範囲内のことに取り組んでいますが、最近の環境問題に関するニュース等を見ると、ちょっと不便と思うことにもチャレンジしていかないとダメだなと思っています。

今回は、一人でも多くの人にSDGsのことを知ってもらい、何かしらのアクションを起こして欲しいとの想いで始めた社内での取組等について書きたいと思います。

2018年度から、大分本社内のSDGsに関連する場所にはSDGsのアイコン等を掲出しています。
トイレや給湯室には6(安全な水とトイレを世界中に)のアイコン、エアコンや電気のスイッチのところには13(気候変動に具体的な対策を)のアイコン、勤怠システムのところには8(働きがいも経済成長も)のアイコンなど。

当時のものがそのままなので、ロゴ、アイコンは古いままです。
(そろそろ張り替えねば)

ちなみに、エレベーターホールには「傘忘れ注意」!

ひとこと多い張り紙
https://www.janic.org/world/sdgstool/

また、2018年10月から、毎月SDGsに関するメルマガを社内の回覧板に載せています。
メルマガの原稿を作成しているのはCSR推進部の木島、池田(ジェイリースFC社員選手)。
SDGsって何?から始まった二人ですが、いまでは、かなり意識が高いかと。各種活動を実施する際も他の選手に声をかけるなど、主体的に動いてくれます。

先日、2019年度に入社した選手においても、こんなことが。
アパートの空室の電気がずっとついたままだったので、営業部の瀬戸口にその旨を伝え、不動産会社さまに連絡をしてもらいました。その後、瀬戸口から「お客様を案内したとき、電気を消し忘れたようで、本日中に消しに行くとのことです」との報告が。その際、最後に、「SDGsにつながりましたね」ということばが添えられていました。選手にもずいぶん、SDGsが浸透してきたことを感じ、嬉しかったです!

瀬戸口にSDGsのバッジを渡した頃は、訪問先の方等から「何のバッジ?」とよく聞かれたらしいです。
うまく説明ができているのか、かなり不安でしたが 笑

2019年度からジェイリースFCの練習着等にもSDGsのロゴを入れています。
2020年度はフリースに!

SDGs。
目標だけ眺めていると、なんだか壮大過ぎて、自分たちには関係のないことのように思ってしまうかもしれませんが、知れば知るほど、身近にできることがたくさんあります。

自分が取り組んでも世界は変わらないし…と思う方は多いかもしれません。
確かに一人の力で世界を変えること、かなり厳しい話ですが、小さな力が集まれば大きな力になります。

以前、ハチドリアカデミーに参加した際、南米アンデス地方に伝わる「はちどりのひとしずく」を知りました。ハチドリの「私は、私にできることをしているだけ」ということばに、勇気をもらったので、ご紹介します。皆さんもできることから、はじめてみませんか。

ハチドリのひとしずく-ハチドリ電力-

ジェイリース株式会社 竹本雅美

関連記事一覧