特集

挑戦を続けるBリーガー山本柊輔が、「All birds」を履く理由 -vol1-

「Bリーガー×スキルコーチ×Youtuber」として前人未到のチャレンジを続ける三遠ネオフェニックスの山本柊輔選手。彼が普段から愛用する、「Allbirds」は世界一履き心地がよく、環境に優しいサステイナブルな製品を開発しています。

挑戦を続ける山本選手と、Allbirdsの共通点とは何か?

今回、Sports for Socialでは、Allbirdsのマーケディングディレクター蓑輪光浩氏と山本柊輔選手の対談企画を3回に渡ってお送りします。

ーーーーーーー前編ーーーーーーー

『世界一履き心地の良いシューズとは』

山本 Bリーグの三遠ネオフェニックスで選手兼スキルコーチをしている山本柊輔です。宜しくお願いします。

蓑輪 Allbirdsでマーケティングディレクターをやっている蓑輪光浩です。宜しくお願いします。山本選手は普段からAllbirdsを履いていただいているとお聞きしてます。

山本 はい、最近履かせてもらってます。

蓑輪 ありがとうございます。きっかけはなんですか?

山本 そうですね、僕もYoutubeをやってるんですが色んな人のYouTuberさんを拝見させてもらってる中で、マコなり社長という方が、この商品について紹介をされていて、環境に優しく品質もとても良いと話していたのが理由ですかね。

今まで色んなメーカーの靴を履いてたんですけど、どれも同じような形でかっこよさにしか目が行ってなかったんですけど、履き心地だったり環境に優しいっていうのはすごく新しい視点だったので、一回履いてみようと思い、買わしてもらいました。

蓑輪 そうなんですね。初めて買ったシューズが白いウールランナーでしたっけ?

山本 そうです。

蓑輪 履き心地はどうでした?

山本 最初履いた際、今まで履いてきた色んなスニーカーとの重さが違くて、また履き心地も非常に良くて感動しました。

東京とかで歩いたりするとだんだん足が痛くなったりするんですけど、どれだけ歩いても足に疲労がない印象が残ってます。

蓑輪 では、今まではデザインが優先だったという形ですか?

山本 はい。しかし、今は履き心地を大切にしています。バスケット選手なので、試合の時もそうですし、飛行機や新幹線、バスといった長距離移動する際どうしても足が窮屈になることがあるのですが、Allbirdsを履き始めてからは、遠征の際の足の負担がすごく楽になり、助かってますね。

蓑輪 バスケットボールって、止まったり、早く動いて飛んだりなどシューズにすごいセンシティブなスポーツではないですか。足が商売道具であるバスケ選手に評価していただいてること非常に嬉しく思います。

山本 遠征は色んなスポーツ選手が行っていることなので分かると思うんですが、やはり足に負担が結構かかるので、そこが楽になるというのは素敵なことですね。僕も色んなアスリートに今おすすめしている中で、またこれからさらに広がってくかなと思います。

蓑輪 ちなみにAllbirdsの靴は洗濯できるんですけど、やったことありますか?

山本 はい、5〜6回やらせてもらってますね。結構履いているので、汚れができた時は、洗わせてもらってます。最初から洗えるように作ったんですか?

蓑輪 そうですね、物を大事にする、また長く使って頂きたいという思想が理由です。天然な素材を使ってるので洗濯をしても、問題ないですし、洗濯するほどだんだん靴に愛着が湧いきますしね。特に白い靴とかね、汚れも気になりますし。他にも、お母さん達にも子供と一緒に遊ぶ際、白スニーカー汚れてしまうので、汚れが落ちやすいという面で好評です。

Allbirdsを履いていると、「お、分かってるな」

山本 これからはスポーツ選手にも広めていきたいんですか?

蓑輪 そうですね、今年の5月からカジュアルな靴からスポーツに上がってく戦略を考えています。

山本 これからはランニングシューズだけでなく競技用シューズも作っていくという形ですか?

蓑輪 そうですね、どこまでプロの靴と対等まで作り上げれるかはまだ分からないですが、今はadidasと手を組んで環境に最も良いパフォーマンスシューズを作っている最中ですね。ライバル会社ではありますが、環境に良い物を作ることが大切だと考え、合同企画してる形ですね。我々が戦わなければいけないのは地球の環境で、小さいマーケットで競いあってる場合ではないと思います。

山本 実際に創業者の方と会ってミーティングもしているんですか?

蓑輪 そうですね、今ホットの話題としてはどうやって世界の人達に馴染みのあるブランドにするか、理解してもらえるかを毎週話し合っていますね。国とか人種のバリアも無くなって近しいライフスタイルを過ごすことが多いですしね。

山本 世界中で展開されているんですか?

蓑輪 そうですね。アジアは日本と中国と韓国に展開しています。東南アジアはまだ開拓していないので、グローバルシティズンとして受け入れられたら広がっていくと思います。

山本 ちょうどチームメイトの西川さんと合流した際、お互いAllbirdsの靴を履いていて、「お、お互い分かってるな」という意思疎通があって、日本でも浸透されているのかなと思ったのですが、どれくらいの年齢の人が見てくれてるんですか?

蓑輪 まだ、今はブランドの認知度は数%という形ですね。

山本選手のように好奇心があって意識が高い人が履いてくれていると思います。その人達からの評判が良ければ紹介してくれると思いますし、それを聞いて購入してくれる方が非常に多いですね。20代の方が買いに来てくださり、若い方でももう地球温暖化のことなどを考えているのだなと思うと嬉しいですね。