その他

【見どころ紹介!】Session.20『地域リーグクラブがつづけるソーシャルアクション』#SfSサミット

12月17日(金)~12月19日(日)にかけて行われる、スポーツ×社会貢献のオンラインイベント「Sports for Social Summit2021」。その見どころをセッション毎に紹介していきます!

◆Session.20概要
12月19日(日)17:00~17:45
タイトル『地域リーグクラブがつづけるソーシャルアクション』
登壇者:永芳 卓磨(ジェイリースFC)、柳井 隆志(株式会社HAMONZ 取締役COO)

小さなことからコツコツと

ジェイリースFCは、Sports for Socialの前身、Trinita for Social時代から記事を寄稿してくださっています。そこから、毎月のように記事を積み上げ、気づけば30本を超える連載になっています。

オレンジリボン運動|SDGs~小さなことからコツコツと~11月は児童虐待防止推進月間。大分県・ジェイリースFCは、オレンジリボン運動に対してSNSやポスター掲示だけでなく、今年はマスク配布も行いました。選手たちも事前に学習して臨んだ配布は30分で予定枚数がなくなりましたが、学習し伝えることの意義を感じることができました。 ...

ソーシャルクラブを目指して

大分県にあるジェイリース株式会社の企業チームである「ジェイリースFC」。創部後、今回ご登壇の永芳さんを監督に迎え、元Jリーガーの選手を入れて最速で九州リーグまで昇格しました。

しかし、彼らが注目されているポイントはその強さではありません。

毎月、いや、毎日のように発信されるソーシャルアクション。クラブアカウントだけでなく、選手たちからも自発的に発信され、先日のdeleteC大作戦でも積極的な投稿を行います。

ジェイリースFC集合写真
「ソーシャルクラブ」ってなに!?大分・ジェイリースFCの原動力、竹本さんに迫る。スポーツを通したまちづくりをー。 ジェイリース株式会社のCSRの一環として作られたサッカーチーム『ジェイリースフットボールクラブ(以下、ジェイリースFC)』。2018年度に大分県社会人リーグ3部に参入すると、最短距離で駆け上がり、昨年度は大分県リーグ1部優勝、その後の九州大会も制し、九州リーグへの切符を手にしました。 しかし、彼らの魅力はそのサッカーの実力だけでなく、「ソーシャルクラブ」としての一面。スポーツを通したまちづくり、地域貢献を掲げ、SDGs関連の活動にも積極的に取り組むなど、社会への還元を日々体現しており、その様子はジェイリースFCが発信しているTwitter、そしてこのSports for Socialに寄稿している連載でも見ることができます。 地域のため、社会のためを掲げるクラブは多くありながら、ここまで地に足をつけた活動を実践できているクラブも珍しいのが現状。その立ち上げから先導し、いまもジェイリースFCの心臓ともいえる竹本雅美さんにお話を伺いました。...

今回の見どころ

SDGsが話題になる中、『なにかやりたい、やらなきゃ』と思うスポーツクラブは、サッカーだけに限らず多いと聞きます。そうしたクラブにとって、ジェイリースFCの取り組みは非常に参考になるはずです。

「小さなことでもアクションする」「それをやり続ける」

もちろん大変なことですが、それがどのような効果をクラブにもたらすのか。また、選手のSDGs勉強会なども含め、こうしたソーシャルアクションが選手個人の成長にどのようにつながるのか?

元Jリーガーでもある永芳さんから、続けてきたことに対する周囲からの評価など、クラブの価値向上に役立つ社会貢献活動の積み重ねについて、いろいろとお話を伺っていきます。お楽しみに!

 

◆Session.20概要
12月19日(日)17:00~17:45
タイトル『地域リーグクラブがつづけるソーシャルアクション』
登壇者:永芳 卓磨(ジェイリースFC)、柳井 隆志(株式会社HAMONZ 取締役COO)

▶全20セッションの詳細はこちら
https://www.sports-for-social.com/summit/

イベント概要
■ イベント名称 : Sports for Social Summit2021
■ 日程 : 12月17日(金) 、12月18日(土)、12月19日(日)
■ 開催方法 : オンライン開催
■ 主催 : Sports for Social(株式会社HAMONZ)
■ 定員 : 3,000名(先着順)

▶チケットページはこちら
https://peatix.com/event/3083142/view

スポンサー一覧session20
RELATED POST