スポーツ

「ALL for CHIBA」〜ロッテが千葉のために戦う日とは!?

プロ野球・千葉ロッテマリーンズが2017年から始めた「ALL for CHIBA」。

2022年で30周年を迎えるマリーンズと千葉との歩み。「私たちのファンに、地元・千葉の良さを感じてもらえる絶好の機会」と担当者が話すこのイベントでは、その魅力をどのように伝えているのでしょうか。

千葉ロッテマリーンズが「地元千葉のために戦う日」を取材しました。

「地域に還元することは使命」

千葉ロッテマリーンズの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」。選手のプレーに拍手が湧くスタンドを見ると、通常の白を基調にした黒ストライプ柄のユニフォームの中にサンライズレッドのユニフォームを着たファンの姿が目立ちます。

チーバくんのと、球団が千葉に移転した当時のチームカラーサンライズピンクを掛け合わせた色の「CHIBAユニフォーム」で、胸には「chiba」の文字も入る、千葉のためのユニフォームです。

ALL for CHIBA」は、千葉ロッテと「フレンドシップシティ・プログラム協定」を結んだ県内12市(千葉市、鴨川市、市川市、市原市、浦安市、柏市、佐倉市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市)の魅力を発信。千葉ロッテの担当者は、「千葉にある球団として、地域に還元することは使命です」と語ります。

イベントで実施される各市ごとの企画は「それぞれの市の特色が出ているので、その市に住んでいる人ではなくても、イベントを楽しんでもらえる」(担当者)ものになっています。

「市外の人にアピールできるチャンス」

929日。大事なオリックスとの首位攻防戦を前に、「ALL for CHIBA 成田市」として、成田空港があることでも有名な成田市のイベントが行われました。

球場の外にある特設エリアで成田市の職員らが配っていたのは「甘芋ん(あま〜いもん)」。成田市特産のさつま芋「クイックスイート」を使用した干し芋で、250個限定で無料配布されました。

自身も配布をしていた成田市役所シティプロモーション部スポーツ振興課の土屋陽花さんは、「行列に並んでいる方が予想以上に多い!」と驚き、予定の10分前に配布を始めました。

土屋さんは、入庁した3年前からこのイベントに携わり、今年から主な担当に。この日の試合は注目カードだったこともあり、「多くの人の目に触れる機会で、市外の方に成田市をアピールできるチャンスは嬉しいです!」と笑顔を見せました。

イベントでは2019年まで、市内の学校が試合前に国歌斉唱を披露していたものの、新型コロナの感染拡大の影響で中止。

コロナ禍でも地域の良さを発揮するにはどうすれば良いかを考え、2020年から特産物の配布を始めました。「農協の方々も特産物をお届けできることを喜んでいらっしゃって、これからも推進していきたいです。」と土屋さん。「想定よりも多くのお客さんに集まっていただき、早く配布が終了してしまいました。次回以降はより多くの人に届くようにしたいです!」と振り返りました。

うなりくんも成田市長もアピール!

さらに、成田市のマスコットキャラクター「うなりくん」の公式ツイッターでも、和菓子の詰め合わせと「うなりくん」ぬいぐるみがもらえる企画を実施。

アカウントのフォローとリツイートが応募の条件で、リツイートは試合開始までに900を超え、「昨年よりも大きな反響」(土屋さん)がありました。

配布に先立ち、「ボールパークステージ」には、千葉ロッテのマスコット「マーくん」と「うなりくん」が登場しました。途中で立ち寄った小泉一成・成田市長は「がんばれ!」と激励。2体(⁉︎)のお茶目なパフォーマンスに「かわいい〜」「こっち向いて!」と、カメラを向けるファンから黄色い声が聞かれました。

試合前には、成田市出身で東京オリンピックの体操・個人総合と種目別鉄棒の2冠に輝いた橋本大輝さんが始球式を行いました。

橋本さんは、首から金メダルを下げ、選手たちと同じサンライズレッドのユニフォームに身を包んでマウンドに登場。

投げ終えた後には歓声が起き、千葉ロッテの井口資仁監督からは花束が贈られました。

取材を終えて

千葉ロッテが「地元千葉県のために戦う日」と力を込める「ALL for CHIBA」を取材しました。

野球に限らずプロスポーツは地元に支えられてこそ成り立つものです。「(市と球団が)お互いに課題を解決し合う関係を築けている」という球団担当者のこの言葉に象徴されるように、こうした場は、片方だけでなく、市にも球団にもメリットをもたらすものであると感じました。

球団は2022年、千葉に移転してから30年目を迎えます。自治体が地域の振興を進めるうえで、多くの人を惹きつけるスポーツの役割は大きくなるでしょう。スポーツチームが地域に積極的に関わることの大切さを肌で感じた1日でした。(大森遥都)

RELATED POST