愛する我が子のために|こだわり奮闘記

編集担当からのメッセージ

私が小学生だった昭和40年代、学校には特殊学級というのがありました。
自分たちとは「何か違う、ちょっと変な子」と遠巻きに見ていました。
長女が生まれたとき、同じ時期に出産された友人家族の子さんが障がいを持っておられました。出産祝いのパーティーをした際に初めてお目にかかって、なんと声をかけてよいのかわからず戸惑ったことを覚えています。
会社の経営をするようになって、お子様に障がいがあって勤務に支障が出ていた社員(男女問わず)がいることにも気づくようになりました。
サッカースタジアムで仕事をしていると、さまざまな障がいを抱えたお子さんを連れて毎試合観戦・応援に来てくれる親子連れに数多くお目にかかりました。
「障がいのあるなしに関わらず、皆で一緒にスポーツを楽しめる社会づくりのきっかけになる」をテーマに掲げいくつかの取組みを始めたのは、私の中にある「何か自分にできることがあるはず」という思いだったようにも思います。
世の中が大変な状況である時だからこそ、地道に着実に「自分ができる応援」を継続していきたいと思っています。

こだわり奮闘記⑰

ちぃ母です(^_^)
更新が遅れてしまいました。

言い訳ですが、、、
12月からちぃ母は働き始めまして、おしんと関わる時間が以前より減ったこと、
さらに仕事・家事・育児とトリプルで追われていたため記事を書く気力もなかったです(;’∀’)
仕事は12月29日で一旦終わったので、夕飯終わりののんびり時間に書かせていただきます!!

おしんの様子ですが、冬休み前の学校生活は特に変わりなくといった感じです。
「勉強したくない」と言って授業が始まったのにも関わらず遊んでいて、先生から注意され時に、持っていたペンを先生に向けたというトラブルはあったようです。

下校時間に学校に行った時にその話を聞き、先生たちと話し合いをしたようです。
(ちぃ母は仕事で迎えに行けなかった為、先生とどんな話をしたのか詳しくは分からないです)

ちぃ母は帰宅してその話を聞き、おしんがお風呂に入っている時に脱衣所からおしんに話しかけてみました。

「どうして先生にペンを向けてしまったの」と聞くと、
「勉強しなさいと言われて嫌だった。何回も言われて嫌だった。」
という事でした。

だとしても、ペンを向けてしまう事は危険だし、もし先生がそれで怪我をしてしまったら大変なことになっていたことを話し、もし嫌だと思ったら言葉で嫌な気持ちをちゃんと伝えようねと話すと
おしんも「うん」と頷いていました。

そのような事があったので次の日はとても不安でしたが、おしんの様子を先生に聞いてみると、「今日は集中力が凄くて勉強も頑張ってます!!これまでやっていなかった課題をやったのですが全部終わりましたよ!!」と先生も嬉しそうに話してくれました(´;ω;`)ウゥゥ
その後もなにもなく学校生活を送ったようで、ちぃ母は安心しました。

26日から冬休みに入りましたが、おしんはマインクラフトを毎日やっていて、上手くいかないと暴言を吐きイライラしています(;´д`)トホホ

これを書いている今もイライラしたようで床をグーパンチしました(-_-;)
おしんはイライラしたときに過去の嫌な出来事のフラッシュバックがおきます。
例えば、YouTubeを見ていて接続が悪くなってしまった時、接続が悪くなったことにイライラするのではなく、喧嘩をした友達の事を思い出し、その子の悪口を言うのです。

まったく関係のないことを言うことを指摘すると、おしんは益々イライラしてしまうのでちぃ母は完全無視をしています。
ちぃ母もイライラして感情的にならない為には無視です。

学校でもこのようなことが度々起こるようで、イライラからのフラッシュバックというパターンが出来てしまっているようです。
今度かかりつけの病院に行った時に、薬で抑えられるものなのか、あるいは指導で変わるものなのかを聞いてきてほしいという事を先生に言われました。
フラッシュバックが少しでもなくなっていけばおしんも楽になるんじゃないかなと思っています。
フラッシュバックをなくすにはかなり時間もかかるかと思いますが、支援学級の先生と一緒に頑張っていきたいと思います。

以前ちぃ母がこちらで載せた
LITALICO発達ナビhttps://h-navi.jp/)ご覧いただけたでしょうか(^^)/
ちぃ母はたまに見たりするのですが、色んな悩みを抱えた方がいらっしゃいます。
独自の解決方法が記事になっていて、そういったやり方もあるんだなと勉強になっています。おしんと似たようなお子さんの記事もあって、すごく参考になっています。
もしお子さんについて悩まれている方がいらっしゃいましたらLITALICO発達ナビ見てみてください( `―´)ノ

あ、あとおしんの情緒を保つキャラクターが実は存在していまして、その名も「かわいいちゃん」と「車くん」です!!笑

「かわいいちゃん」は担任の先生が考えたキャラクターで、「車くん」はおしんが考えたキャラクターです!!

情緒を保つとはどういうことかといいますと、写真を載せておきますが、勉強をしていて分からないときにキャラクター書き、おしんに「頑張って」や「もう少しだよ」などエールの言葉を書くと、分からなくてイライラしていたおしんも落ち着くんだそうです(笑)
キャラクター作戦はけっこう効くので皆さんもぜひ!!(笑)
「鬼がくるよ~」とか「おばけがくるよ~」作戦よりはこちらの方がお子さんにとっても良いです!!(´Д`)
ちぃ母もかわいいちゃんと車くんにはたくさん助けてもらっています!!

今日、「Tシャツを作ろう!!」とおしんに提案したところ戸惑っていましたが、ちぃ母の方が乗り気です。できるだけ早くTシャツを着たおしんの写真をアップしたいと思います!!(笑)
優しい目で見ていただけると助かります(^_^)

3月から9か月間「こだわり奮闘記」を見ていただきありがとうございました。
文章にまとまりがなく読みづらい部分もあったかと思います。
2020年、引っ越しや転校と色々とあった年でしたが、2021年もおしんとちぃ母の奮闘は終わらない(;’∀’)と思いますので
これからも奮闘記を書かせていただきたいと思います!!
これからもよろしくお願いいたします。

関連記事一覧