コロナ禍によりスポーツチームやアスリートの発信は変わった|山本 大輔

こんにちは。山本です。

あっという間に終わってしまった激動の2020年。
今年はSports for Socialに携わる機会をいただき、いくつかの企画に関わらせていただきました。

僕が関わらせていただいた企画はこちらです。

サラヤに聞いた!ウガンダで行う「100万人の手洗いプロジェクト」のお話[PR]


サラヤに聞いた!ウガンダで行う「100万人の手洗いプロジェクト」のお話[PR]


挑戦を続けるBリーガー山本柊輔が、「All birds」を履く理由 [PR]
 Vol.1

挑戦を続けるBリーガー山本柊輔が、「All birds」を履く理由 [PR]
 Vol.1

サッカー元日本代表 巻誠一郎が考える、アスリートが社会貢献活動を行う価値 vol.1

サッカー元日本代表 巻誠一郎が考える、アスリートが社会貢献活動を行う価値 vol.1

どの企画でも、僕自身が勉強させていただくことが多く、貴重な経験を積ませていただきました。
今年関わらせていただいたアスリート達は、競技スポーツの厳しい最前線で戦いながら、自分が社会に対してできることを模索し続けていました。ただ単に競技をするだけではなく、スポーツを通して自分が問題意識を持つテーマついて発信していく姿勢からは、大変刺激を受けました。

僕自身も一社会人として、仕事を通して目の前のお客さん価値を提供するだけでなく、少し広い視点で何ができるか、自分も見直したいと思っています。

コロナ禍の1年で、スポーツチームやアスリートの発信もかなり方向性は変わってきました。
単に試合をするだけでなく、応援してくれるファン・サポーター・スポンサーなどに対して何を提供できるか、考えている人が増えたように感じます。厳しい時代ではありますが、この流れ自体は大変価値があるものではないかと思っています。

Sports for Socialを通じて、来年もこうした流れに少しでも力となれるよう、様々なアスリート、企業、スポーツチームらの取り組みを支援していきたいと思います。
またアスリート達に頼るのではなく、個人としても微力ながら発信を通して、少しでも社会にプラスの影響を与えられたらと思っています。

来年もSports for Socialを楽しみにしてもらえたら幸いです。

1年間ありがとうございました。

山本 大輔

関連記事一覧