コンポスト体験記「コンポスト作りをやってみよう⑭」

編集担当からのメッセージ

気づくと今年もあと1か月半ほどになってきました。時間経過の感覚がおかしくなっているように感じるのは私だけでしょうか。
今回の記事は情報盛りだくさんです!!
★暑いころのコンポストと、寒くなってきてからのコンポストにいろんな違いがある
★LFCコンポスト主催のオンラインイベント情報
★「コンポストアドバイザー養成講座」情報

最近は、LFCコンポストについて雑誌やテレビなどで紹介されることも増えてきているようです。「環境問題」への取組は、来年以降より一層広まっていくでしょうから、ぜひ皆さんもこれを機会にチャレンジしてみたらいかがでしょうか!!

コンポスト作りをやってみよう⑭

京都は紅葉で真っ盛りです。特別な場所に行かなくても街路樹の葉が綺麗に色を変えています。木の全体が一つの色に紅葉しているのも迫力がありますが、緑の葉っぱを残しながら一部が赤や黄色に紅葉しているのは、色のグラデーションが美しく、見ていて幸せな気持ちになります。

コンポスト生活は、3つ目への生ゴミの投入が終了間近で、これから4つ目に入ります。
今回は虫の発生はなかったのですが、コンポストの温度が夏のように上がらなくて分解の進みがゆっくりです。袋がいつもどっしりと重いです。野菜の生ごみが多くて、微生物が好むタンパク質や油物や甘いもが少ないということも原因のようです。自分の食生活の振り返りも出来て面白いと思いました。
ゆっくりとは分解をしているので様子を見たいと思います。これからは、生ごみの投入をやめて、時々混ぜながら熟成をさせます。3週間後には使える堆肥になるのでとても楽しみです。
今回は中袋を破らないように気を付けてきたのですが、ここにきて下の方の折り目から破れを発見しました。そこからコンポストが外袋との間にこぼれていてとてもショックです。良いニュースは、私のような状態になる方も多かったのか、中袋が破れにくい素材に改良されたらしいので今後は安心です。

コンポスト作りが続いているのは、一つは、継続購入だからだと思います。丁度良いタイミングで次のキットが送られてきます。
とても使い易いきっとなので、また次も始めようかという気持ちになります。
また、初める前に不安だった匂いもないことも継続できている理由かと思います。
この夏にアメリカミズアブやショウジョウバエが大量発生した時には、流石に続けて行くのが不安になりました。その時に、LFCのLINE相談で聞いてみたり、キットと一緒に送られてくる資料を読んで、虫について学べたことが良かったと思います。虫は、刺すこともなく無害であることや、ビニール袋に入れて放置すると簡単に処理が出来てしまうことを知りました。実際に処理をしてみると簡単で、その死骸を見て少し切ない気持ちになりました。そんなことで、虫に対しては心に余裕が出来たことで、共生の道を考えられるようになりました。

実はコンポストのことで色々と進展があります。先日、初めてのオンラインイベントに参加しました。私が使っているLFCコンポストの初めてのオンラインでのイベントだったようです。LFCコンポストは、親子3代の方々と数名の仲間で運営をされていて、今回はその親子3代の70代のお母様と娘さんとそのお嬢さんの二人が20年の取組みについてお話をして下さいました。

簡単にまとめると、以下のような内容でした。

始まりはとてもシンプルで、お父様のガン宣告がきっかけで、少しでも体に良い無農薬野菜を食べさせてあげたい。でも、簡単には手に入らない、手に入ってもとても高価なものだったことに対して、「どうして安全な食べ物が簡単に手に入らないの?」「スーパーやコンビニでは、多くの食材が廃棄され、二酸化炭素を出しながら焼却されている。」本来、自然環境の中に人間の生活があるはずなのに、共存ではなく、自然を破壊していることに矛盾や怒りを感じられたとのことです。
それなら自分たちで畑を借りて野菜作りを始められたのですが、その際に【化学肥料を使わない方法】としてコンポストを始められたようです。お父様も宣告されていたよりずっと長生きをされて、また、生活の改善と土の改善の両方が可能な循環生活が出来て、何よりも美味しい野菜や果物が取れることに魅せられたとのことでした。

そのイベントでは、私のようにコンポストを始めて間もない方々が沢山参加されていて、イベントの最後に小グループで話が出来ました。コンポストづくりの色々な悩みを共有できて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今回のイベントでの発見は、画面に写っている70代のお母様を初め皆さんのお肌が美しいことでした。他の参加者から同じようなコメントがあり、その回答として、野菜からのファイトケミカルが良いのかもとおっしゃっていました。
「ファイトケミカル」をネットで調べてみると、野菜や果物の色素や香り、辛味、苦味などに含まれている機能性成分で抗酸化作用があり、免疫力向上や老化抑制に良く、7、8センチほどの発芽野菜に多く含まれているとのことです。コンポストをして自分で野菜を作ることにより、手軽にファイトケミカルも取れて、健康にも良くて、美味しくて、そして、美容にも良いとなるとやる気が出てきます。

もう一つのチャレンジは、「LFCコンポストアンバサダーの養成講座一期生」に申し込んだことです。今週からクラスが始まります。4回の講座でコンポストの魅力や仕組みや関連する環境問題について学ぶことになります。来年1月に卒業式があります。全てオンラインです。コンポストの事をもっと知りたいという軽い気持ちで申し込みました。30数名の方々が申し込まれているようで、とても楽しみにしています。

庭のプランターでは、先月に種を撒いたひなげしの芽が出てきました。花が見られるのは来年の春です。その横のプランターには突然存在感のある葉っぱがニョキニョキと生えてきて、何か分からないのですが、とても元気そうなのでそのままにして様子を見ています。

なんとなくスタートしたコンポスト生活がまだまだ続いて行きそうです。

(京都 50代女性)

関連記事一覧