SDGs~小さなことからコツコツと~

編集担当からのメッセージ

今回の竹本さんの記事は、まさにSports for Social サイトの意義・目指すことを語ってくれています。

エシカル消費、フェアトレードなど聞きなれない言葉がでてきます((笑)
さまざまな環境活動や、SDGsアクションに力を入れている人は知っていても、多くの一般人にはまだまだ耳慣れない言葉ですし、その目的などもよくわからないというのが現状だと思うのです。

普段は全く関心持っていないことに、何かのきっかけ・ひょんなことから目が行き、興味を持つことってありますよね。

そんな場作り・きっかけ作りを目指しています。

SDGsや社会貢献活動って、決して大上段に構えて語るようなものじゃなくて、実は自分たちの身の回りに存在していて、「誰もができることがある・できることをすればいい」って感じて頂けたらいいなと思っています。

SDGs~小さなことからコツコツと~

突然ですが、皆さんはものを購入する時、何を基準に商品を選んでいますか?
(記事がほぼできあがった時に、ボルネオゾウの救出プロジェクトの記事を読み…汗)

「消費」はお金を支払って行う「投票」だと言われています。
エシカル消費(倫理的消費)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_education/public_awareness/ethical/

私自身、特にこだわりのないものを購入する際、まず、値段を気にしていました。
しかし、エシカル消費を学んでからは、フェアトレード商品を選んだり、地産地消の商品を選んだり、被災地支援につながる商品を選んだり…といった、社会や環境等を考えた消費行動を意識するようになりました。

3分で分かるフェアトレード

先日、チャリティーTシャツを2枚購入したのでご紹介。
(これもエシカル消費!)

まず1枚目は、「サッカーをしたくてもできない子供たちの環境を変える」ことを目的とし活動されている、love.fútbol Japanさんの、「自然にやさしいチャリティーTシャツ(期間限定)」。
love.fútbol Japanさんは、3年前に物販を停止し、モノをつくる、売る活動を通じても、「どうすれば子供たちによりよい世界になるか?」、「地球のこの美しい自然環境を守ることができるか?」を考えています。そのような視点から、今回のチャリティーTシャツに選んだのは、服から服をつくるBRINGさんの商品。「サッカーも、自然も好きだから」というコンセプトに惹かれて購入。

love.fútbol Japan
https://www.lovefutbol-japan.org/
BRING
https://bring.org/

2枚目は、「ソーシャルクラブを目指して⑨」で登場したちょんまげ隊長ツンさんが、JIFF(日本障がい者サッカー連盟)に所属している7団体(日本アンプティサッカー協会、日本CPサッカー協会、日本ソーシャルフットボール協会、日本知的障がい者サッカー連盟、日本電動車椅子サッカー協会、日本ブラインドサッカー協会、日本ろう者サッカー協会)への寄付等(新型コロナウイルス感染症対策費として)を目的とし販売しているチャリティーTシャツ。「目に見える支援」も目指し、このようなデザインになっています。

ツンさんの目標の一つは、450枚程度販売し、各団体に10万円ずつ寄付すること。
私もいろいろ動いてはいますが、目標枚数の達成までまだまだ(8月20日現在 約300枚)。
ツンさんの記事を読んで、皆さんも購入を検討していただけると嬉しいです!

ソーシャルクラブを目指して⑨

ジェイリース株式会社の挑戦!ソーシャルクラブを目指して⑨

7人の漫画家が集結! 障がい者サッカーTシャツ秘話 ちょんまげ隊長ツンさんが語るコロナ時代のボランティア<1/2>
https://www.targma.jp/tetsumaga/2020/07/09/post17269/

選手の中にもエシカル消費実践者がちらほら。
その中で、私自身が気になったエシカル消費をご紹介します。

#24 木島悠 編
木島さんが購入したのは、MAGRIN。洗剤や柔軟剤を使わずに、天然素材のマグネシウムと水だけで洗うことができる「人と環境にやさしい洗濯用品」です。洗剤や柔軟剤が不要なため、プラスチックゴミも減らし、地球環境を汚さないことは、とても魅力的。私も購入しようかな…。

毎日の洗濯でできる、サスティナビリティ。MAGURIN
https://magurin.com

#31 大島孝太 編
大島くんのiPhoneは、(PRODUCT)RED。
たまたま、この商品があったから購入したとのことですが、それ、大事です!
私はAndroidユーザーなので、このような商品があることすら知らなかったです 汗

(PRODUCT)RED – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/product-red/

最初に登場したフェアトレード商品は、同じ商品と比べて少し値段が高かったりします。
しかし、私たちが消費者としてフェアトレード商品を購入することは、企業や団体の取組を応援し、現地の生産者や子供たちの生活を支えることに繋がります。

「消費」はお金を支払って行う「投票」です。
日常の何気ない消費行動を見直すことで、世界の社会問題の解決に貢献できるとともに、持続可能な社会づくりにも貢献できます。

この記事が、皆さんのいままでの消費行動を見直すきっかけとなれば嬉しいです!

♪ちょこっとSDGs♪
9月3日(木)から10月10日(土)は、「1チョコ for 1スマイル あなたが食べると、もう一人がうれしい」特別期間です。期間中、森永製菓さんの対象商品を購入すると、商品1個につき1円が寄付されます。チョコやココア好きな方はぜひ^^
https://www.barks.jp/news/?id=1000187827
https://www.morinaga.co.jp/1choco-1smile/

ジェイリース株式会社 竹本雅美

関連記事一覧